「ダセェ奴だ」前日計量キャンセルもWBO王座保持のカシメロに井上尚弥も激怒「一気にコイツへの興味がなくなった」

「ダセェ奴だ」前日計量キャンセルもWBO王座保持のカシメロに井上尚弥も激怒「一気にコイツへの興味がなくなった」

前日計量キャンセル&WBO王座保持のカシメロに井上尚弥も呆れている。(C)Getty Images

12月23日、ボクシングの世界ボクシング機構(WBO)は、今月11日に行なわれる予定となっていたポール・バトラー(英国)とのタイトルマッチの前日計量を直前でキャンセルした世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の王座を「剥奪しない」と発表した。

 WBOの公式サイトでも「提出された証拠は十分に正当である。彼はWBO王座を保持する」と公表されたこの決定に黙っていなかったのが、WBA&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥だ。同日に自身のツイッター(@naoyainoue_410)を更新した「モンスター」は、こう記した。

「こんな事があっていいのか??? 何が理由であれ決められた計量当日に秤に乗れなければアウトだと思うのだが。一気にコイツへの興味がなくなった。減量苦で胃腸炎て…ダセェ奴だ」 かねて4団体統一を目指す井上の次戦の相手は、ノニト・ドネア(フィリピン)になると濃厚視されている。先日のアラン・ディパエン(タイ)戦後のインタビューでは、「ドネアとの試合もあれば、スーパーバンタム級での戦いも視野に入れて、これから話し合っていきたいと思います」とコメントしていただけに、今後の動向に注目が集まる。

構成●THE DIGEST編集部

【井上尚弥PHOTO】22勝19KO無敗の最強王者!世界が恐れる"モンスター"の厳選ギャラリー

関連記事(外部サイト)