「アリーナの中で寝たこともあった」名手アリナスが新人時代の“貧困生活”を告白!「ガソリン代もなかった」<DUNKSHOOT>

「アリーナの中で寝たこともあった」名手アリナスが新人時代の“貧困生活”を告白!「ガソリン代もなかった」<DUNKSHOOT>

アリナスは契約金を使い込み、ルーキー時代は極貧生活を強いられていたという。(C)Getty Images

ギルバート・アリナスと言えば、“エージェント・ゼロ”の異名を取った名攻撃的ガードで、現役時代は人気選手の1人だった。しかし、キャリア初期にはアリーナで寝泊まりする“貧困生活”を送っていたという。

 2001年ドラフト2巡目31位でNBA入りしたアリナスは、当初は低評価ながらルーキーイヤー途中にスタメンの座を掴むと、2年目の2002-03シーズンは全82試合に出場して平均18.3点、4.7リバウンド、6.3アシストをあげ、最も成長した選手に送られるMIP賞に輝いた。

 トリッキーなドリブルからのアタック、思い切りの良いアウトサイドシュートで高得点を稼ぎ、04-05シーズンから3年連続でオールスターに出場。05-06シーズンにはコビー・ブライアント、アレン・アイバーソン、レブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)に次ぐリーグ4位の平均29.3点を叩き出し、その名を轟かせた。

 しかし、07年4月に左ヒザ外側半月板断裂の大ケガを負って迎えた07-08シーズンはヒザを再手術。オフにワシントン・ウィザーズと6年総額1億1100万ドル(約127億5000万円)で契約延長を結ぶも、わずか2試合の出場とほぼシーズンを全休。さらに、ケガの癒えた09-10シーズンも拳銃をロッカールームに持ち込んだとして出場停止処分。30日間の更生施設入りの判決を受けた。

 その後、オーランド・マジック、メンフィス・グリズリーズを経て、30歳で中国に渡り、来年1月に40歳を迎える現在は引退状態となっている。
  そんなアリナスは、米メディア『VLAD TV』で、プロ入り時にゴールデンステイト・ウォリアーズと結んだ2年総額84万5000ドル(約9700万円)の契約で手にしたお金を、早々に使い込んでしまっていたという。

 名手ゲイリー・ペイトンに触発され、テレビ5台、12インチのスピーカー4個、スエードの屋根を搭載した最高級SUVキャデラック・エスカレードを購入したことで、「(ウォリアーズの旧本拠地である)オラクル・アリーナに泊まって過ごさないといけなかった」と明かした。

「お金をすべて使い果たした。ガソリン代、ガールフレンド、犬2匹……。俺にはお金がなかった。自宅とアリーナを車で往復することもできなかったから、時々アリーナに泊まらないといけなった。アリーナで寝たこともあったよ。基本的にホームレスで、ガソリン代もなかった。そういった経験は、ジムで練習し、プロとは何かを理解するのを助けてくれた」

 インタビューでは、平均10.9点を記録したルーキーイヤー終了後、ウォリアーズに7年総額2400万ドル(約27億6000万円)の契約を希望するも、「笑われた」ことを告白。結局アリナスはウォリアーズを2年で去り、03年8月にウィザーズと6年総額6000万ドル(約69億円)で契約し、完全ブレイクを果たした。

 のちの活躍を考えれば、2400万ドルは安価だったとも思えるが、当時のアリナスはお金の使い方や要求も規格外だったと言えるのかもしれない。

構成●ダンクシュート編集部
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?