怪覆面の正体が判明!ジュリアはDDM新メンバーに手ごたえ「この人が持っているものは間違いない」【スターダム】

怪覆面の正体が判明!ジュリアはDDM新メンバーに手ごたえ「この人が持っているものは間違いない」【スターダム】

新メンバーのMIRAIとテクラとが加入し、パワーアップしたDDM。(C)スターダム

1月3日、ブシロード傘下の女子プロレス団体「スターダム」は、ベルサール新宿グランドで、『STARDOM AWARD 2021〜DAY 試合〜』を開催した。

 メインイベントでは、DDM vs コズミック・エンジェルス、ジュリア&X&XXのDDMと、中野たむ&ウナギ・サヤカ&桜井まいのコズエンによる6人タッグマッチが行なわれた。昨年の日本武道館大会のメインで髪を賭けて闘ったジュリアとたむの久々の対戦も注目されるが、ジュリアが首謀していた怪覆面軍団XとXXの正体が気になるところ。昨年12.29両国国技館大会でジュリアはDDMの新メンバー2人は、強いと実力者であることを示唆している。

 コズエンに続いて、怪覆面を被って入場ゲートに現れた3人は1人ずつマスクを脱ぐ。Xは元東京女子プロレスで、初代タイガーマスク佐山サトルの弟子としてデビューした舞海魁星改めMIRAI、XXは元アイスリボンで、オーストリア出身のテクラだった。
  試合はMIRAIとウナギの2人でスタート。久々の再会にウナギは笑みを浮かべながら、MIRAIと張り合う。テクラもスターダムにはいないスタイルのレスラーで、たむとのブリッジ合戦で沸かしていた。たむは復帰したジュリアに「おかえり!」とビンタを放つと、ジュリアも「ベルトどうしたんだよ!」と張り返す。たむは「ちょっと預けてるだけだよ!」とまた張り返すと、ジュリアは「どっちが先に取り戻すかな!」とさらに強烈なビンタを見舞う場面も見られた。

 DDMは連携を決めるなど、MIRAIもテクラも上場のスターダムデビューとなり、最後はテクラが桜井にバズソーキックを放ちカウント2で引き起こすと、毒グモ・デス・ドロップを決めてカウント3。新生DDMが新年一発目から勝利を収めている。
  試合後、ジュリアは負けが続く桜井に対して、「考えた方がいいよ」と勧誘とも受け取れる発言をすると、「新メンバーにちょっと喋ってもらおうかな」と2人に振った。テクラは「サプライズ〜!ワタシのナマエはテクラデス。これからヨロシクネ!」と日本語と英語を交えながらコメント。MIRAIは「新格闘プリンセスのMIRAIだ。このリングは世界の中心。世界の最高峰の場所だ。このMIRAIが、このリングで、魂込めてしっかり魅せていくのでよろしく!」とスターダムファンにアピール。

 そして最後はセコンドに付いていたDDMのメンバー4人も加わり記念撮影をすると、旧知の仲であるジュリアとテクラは熱いハグ。MIRAIともハグを交わすとバックステージへ。

 バックステージでジュリアは「私は大物とかどうとか関係ないと思っている。この2人が持っているものは間違いないから。このリングで輝く姿を見て欲しい。必ずいい試合をして、必ずすげぇスターになると思うから。今年はDDM、7人になって引っ掻き回していくんで、楽しみにしておいて!」と笑顔で語った。
  一方のたむはジュリアが桜井にメッセージを贈ったことが気になっているようで、「桜井…信じてるよ」と困惑を隠せないようだ。

 スターダムでは、クイーンズ・クエストと大江戸隊が抗争中。ここに新生DDMとコズエンの抗争が加熱するのは間違いない。またジュリアは朱里と保持しているゴッデス・オブ・スターダム王座の防衛戦をタッグリーグ優勝チームであるSTARSのコグマ&葉月を相手に「すぐに組んで欲しい」とも話しており、勢力を拡大し、スターダムの中心として、団体全体の活性化を狙っていく。

◆スターダム◆
『STARDOM AWARD 2021〜DAY 試合〜』
2022年1月3日
東京・ベルサール新宿グランド
観衆 430人(超満員札止め)
▼DDM vs コズミック・エンジェルス(30分1本勝負)
ジュリア&X(MIRAI)&○XX(テクラ)(19分37秒 片エビ固め)中野たむ&ウナギ・サヤカ&桜井まい●
※毒グモ・デス・ドロップ

文??どら増田
 

関連記事(外部サイト)