「スキルでは歴代ベスト」敵将から称賛されたアービング。本人は「自分を証明し続けないといけない」と決意<DUNKSHOOT>

「スキルでは歴代ベスト」敵将から称賛されたアービング。本人は「自分を証明し続けないといけない」と決意<DUNKSHOOT>

アービングはアウェーゲームのみ出場できる“パートタイム・プレーヤー”として1月に戦列復帰した。(C)Getty Images

ブルックリン・ネッツは、2022年に入って2勝4敗と失速感が否めない。ジェームズ・ハーデンが左ヒザの痛みを抱え、大黒柱であるケビン・デュラントへの負担が増すなかで、“パートタイム・プレーヤー”として戦列復帰したカイリー・アービングにかかる期待は大きい。

 アービングは新型コロナウイルスのワクチン未接種により、ワクチン接種を義務づけているニューヨーク市でのホームゲームには出場できない。ネッツ首脳陣も一部のアウェーゲームだけ起用することは、彼本来の力は発揮できないとして、昨年12月中旬までチームに帯同もさせていなかった。

 しかし、ケガ人や安全衛生プロトコル入りする選手の続出で駒不足になったチーム事情もあってアービングの合流が決定。現地時間1月5日に敵地で行なわれたインディアナ・ペイサーズ戦で今季初めてコートに立ち、約7か月ぶりの実戦で22得点をマークしてチームの勝利に貢献した。

 依然としてホームゲームではプレーできないため、続くミルウォーキー・バックス戦、サンアントニオ・スパーズ戦は欠場。そして、1月10日(同11日)のポートランド・トレイルブレイザーズ戦が今季2試合目の出場となった。
  この日チームは108-114で敗れたが、アービングはデュラントに次ぐ40分間のプレーで22得点(フィールドゴール9/21、3ポイント3/8、フリースロー1/1)、8リバウンド、4アシスト、1ブロック、1スティールをマークした。

 米放送局『ESPN』のニック・フリーデル記者によれば、ブレイザーズのチャンシー・ビラップス・ヘッドコーチ(HC)は、アービングがコートにいると、ネッツはどれだけ違うかという質問に対し、アービングを絶賛したという。

「カイリーは魔法使いだ。必見のテレビ番組のようなもの。あのポジション(PG)で最もスキルのある選手だと思う。純粋に上手い。スキルという意味では歴代ベストだ。彼のシュート力は素晴らしい。周囲が認める以上に良いパサーで、チャンピオンでもある。チャンピオンシップのマインドをもたらす。

 おそらく、私が見たNBAファイナルのなかで、(2016年NBAファイナル第7戦で)一番のビッグショットを沈めたと思う。カイリーはすべてをもたらす存在だ。ホームゲームでは、彼が不在なんて、贅沢な話だ。ほかにもデュラントとハーデンがいるんだからね。しかも、3人が揃った時は見事に役割分担している。すごくユニークな状況さ」 ビラップスHCと言えば、デトロイト・ピストンズで司令塔として一時代を築き、リーグ優勝を果たした2004年にはファイナルMVPにも輝いたチームリーダーだった。そんな敵将からのメッセージにアービングは同調しつつも、さらなる活躍を誓う。

「(ビラップスの)称賛に感謝する。自分のスキルレベルがその(歴代ベストの)認識に値することに同意する。でも、俺はそういった言葉をモチベーションに自分を証明し続けないといけない。素晴らしいチームメイトとレガシーを築き上げるだけさ」
  アウェーゲームだけでリズムを掴むのは、「難しい」とビラップスHCは見解を述べている。しかし、ネッツはデュラント&ハーデンのホーム陣容と、そこにアービングを加えたビッグ3のアウェー陣容があり、敵将も「カイリーがいる時といない時で2つのチームが出来上がる。どちらも素晴らしいチームで贅沢だよ」と語っている。

 ネッツはNBA加入後初の優勝を果たせるのか。デュラントとハーデンはもちろんのこと、アービングの活躍は不可欠となる。

構成●ダンクシュート編集部
 

関連記事(外部サイト)