「非常識な才能だ」劇的な米ツアー8勝目を飾った松山英樹に海外メディアも大絶賛!「素晴らしい締め!」

「非常識な才能だ」劇的な米ツアー8勝目を飾った松山英樹に海外メディアも大絶賛!「素晴らしい締め!」

プレーオフでスーパーショットが飛び出した松山。会心のイーグルを奪い8勝目を挙げた。(C)Getty Images

現地時間1月16日、米男子ゴルフツアー『ソニーオープンinハワイ』の最終日で、松山英樹がラッセル・ヘンリー(米国)とのプレーオフを制し、米ツアー8勝目を飾った。

 首位と2打差の2位で最終日をスタートした松山は、前半で3つスコアを伸ばすも、首位のヘンリーが6つスコアを伸ばしていたために5打差と開いていた。それでも日本のスターは、積極的に攻め続け後半は4バーディノーボギー。72ホール目でヘンリーに追いつき、プレーオフへと持ち込んだ。

 18番で行なわれたプレーオフ1ホール目だった。29歳は残り277ヤードとしたフェアウェー真ん中からの第2打で魅せる。

 渾身のスイングでボールをグリーンに着弾させた松山はピン下1メートルにつけ、先にボギーとしたヘンリーに対し、着実にイーグルを決め、勝利を収めたのだ。
  この劇的な逆転劇には海外メディアからの賛辞も止まらない。米国専門メディア『Golf News Net』のオーナーを務めるライアン・バレンジー氏は、「ヒデキ・マツヤマは277ヤードから3フィート(約0.91メートル)まで3番ウッドで打って8勝目を飾った!非常識な才能だ」と感嘆した。

 2014年に松山が王者に輝いたPGAツアー『メモリアル・トーナメント』の大会公式Twitterでは、「2014年の覇者がソニーオープンでスリル満点のプレーオフを制した」と賛辞を贈った。さらにスペイン放送局『Imagen Deportes』のリポーターのジョセファ・グウ氏は、「最終9ホールで攻撃し素晴らしい締めで、タイトルを獲得した!」と伝えている。

 昨年は4月の『マスターズ』、10月の『ZOZOチャンピオンシップ』で優勝と勢いに乗る松山。開幕戦を制した彼のプレーから、今季も目が離せそうもない。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】「非常識な才能だ!」 プレーオフを制した松山の快心のショットをチェック
 

関連記事(外部サイト)