「僕はスターになれる」ホークスからニックスへ移籍したレディッシュが新天地での飛躍を誓う<DUNKSHOOT>

「僕はスターになれる」ホークスからニックスへ移籍したレディッシュが新天地での飛躍を誓う<DUNKSHOOT>

「僕はスターになれる」と意気込むレディッシュ(左)。新天地ニックスでは大学時代の同僚バレット(右)と再びチームメイトに。(C)Getty Images

現地時間1月13日(日本時間14日、日付は以下同)、ニューヨーク・ニックスはケビン・ノックスと2022年のドラフト1巡目指名権を放出し、アトランタ・ホークスからソロモン・ヒルと2025年のドラフト2巡目指名権、そしてキャム・レディッシュを獲得した。

 2月10日のデッドラインを前に、昨季プレーオフへ進出しながらここまでイースタン・カンファレンス下位に沈む両チームが断行したこのトレード。中心となったのは、2019年ドラフトで1巡目10位指名されたレディッシュだったことは言うまでもない。

 今オフにトレイ・ヤング、ジョン・コリンズ、クリント・カペラ、ケビン・ハーターと高額な延長契約を結んだことで、ホークスは来季以降にキャップスペースの余裕がなくなった。そして2019年のドラフト同期であるディアンドレ・ハンターとレディッシュのどちらを残すかという選択に迫られ、ハンターをチームに留めることにしたのだろう。

 ニックス移籍により、レディッシュはデューク大時代のチームメイト、RJ・バレットと再び共闘。203cm・98kgのウィングプレーヤーにとっては心機一転、NBAキャリアを再構築するチャンスを手にした格好だ。
 「僕はスターになれる気がしている。本物のスターになれるかもしれないと感じているんだ。それが僕が目指していること。シンプルさ」

 ニックスの一員として初めて公の場に出た15日にレディッシュはそう語り、新天地でも成長していくことを明言。キャリア3シーズン目の今季、平均11.9点、2.5リバウンド、1.1アシスト、1.0スティールを残す22歳は「僕は今なおその過程にいると思っている。これからも努力し続けていく。自分は間違いなくそう(スターになれると)思っているからね」と意気込んでいる。

 ウィングのポジションでプレーするにあたって十分なサイズを持ち、今季は3ポイント成功率37.9%(平均1.7本成功)と、アウトサイドショットの精度も高めているレディッシュ。ただ、ニックスにはエバン・フォーニエ、バレットが先発ウィングを形成しており、パワーフォワードにはオールスターのジュリアス・ランドルがいるため、レディッシュはベンチスタートでニックスのロースターに入ることとなる。
  大学時代の戦友(バレット)について聞かれると、レディッシュは「彼は自信に満ちているように見える。いつだって自信にあふれているんだ。アグレッシブだしね。それに(大学時代から)確実にいいシューターになった」と称賛。

 まだまだ若く、安定性に欠ける部分こそあるものの、ホークスのネイト・マクミランHC(ヘッドコーチ)はレディッシュについて「ポール・ジョージ(ロサンゼルス・クリッパーズ)のようなタイプのウィングになれるかもしれない」と話していた。だが、これについてレディッシュはこう話す。
 「僕はキャム・レディッシュでいることが大好きなんだ。正直な話ね。でもポール・ジョージのゲームは凄く好き。彼との共通点についても見ている。PG(ジョージの愛称)のことは凄くリスペクトしているよ。でも僕は僕自身でいたいんだ」

 ニックスは現在、22勝21敗(勝率51.2%)でイースト10位。なかなか波に乗り切れない状況下で、レディッシュが攻守両面でエネルギッシュに動き回って起爆剤となることができるのか、注目していきたいところだ。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)