欧州選手権を制したロシアの新星ワリエワが語った五輪への想いとは?「北京では万里の長城を見てみたい」

欧州選手権を制したロシアの新星ワリエワが語った五輪への想いとは?「北京では万里の長城を見てみたい」

欧州選手権のフリーはミスがあったものの、表彰台のトップに立ったワリエワ。(C)Getty Images

現地時間1月12〜15日、フィギュアスケートの欧州選手権が開催され、女子シングルではロシアの新星カミラ・ワリエワが初優勝を飾った。2位にはアンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トルソワが3位とロシア勢が表彰台を独占した。

【動画】ワリエワがフリーで見せた4回転サルコー!両手を上げて 高く飛びあがり、難なく着氷

 今季からシニアに挑戦する15歳は、ショートプログラム(SP)では90・45点という”世界新”を叩き出した。フリースケーティング(FS)では、冒頭4回転サルコーを着氷したものの、続くトリプルアクセルで転倒。さらに演技後半では4回転トゥループ+3回転サルコーで、オイラーを挟む予定がミス。それでもFS168・61点で総合259・06点とし、同大会初制覇を遂げたのだ。

 2月4日に開幕する北京五輪。ロシアフィギュアスケート連盟によれば、五輪代表は1月20日の会議で正式発表される。ロシアメディア『Sports.ru』のマヤ・バグリアンツェワ記者は、五輪代表を手中に収めた15歳の大会後の声を届けている。
 「まず五輪に出られて嬉しい。これは全てのアスリートが持つ夢。そこに出るのを叶えるだけですでに達成感がある。オリンピックの選手村で過ごすだけでもエネルギーを感じる。そこには15歳ではなく、一生涯をかけてその大舞台へ来る選手が多いもの。五輪へ向けて人生を歩んできた選手がいる、そしてこのエネルギーを感じる事が素晴らしい」

 大人顔負けの表現力を持つ15歳だが、こんな初々しい一面も見せた。

「北京では万里の長城を見てみたい。中国に行くときには、間違いなく見るべき所だね」

 今季負けなしと驚異的なパフォーマンスを続けるワリエワ。彼女の今後の動向にも注目したい。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】高難度ジャンプもお手のもの! ワリエワ、トゥルソワら北京冬季五輪を席巻しそうなロシア女子フィギュアスケーターを特集!
 

関連記事(外部サイト)