「デイビスが戻ればガラッと変わる」ラブが不振のレイカーズの復活を予想「リーグを驚かす気がする」<DUNKSHOOT>

「デイビスが戻ればガラッと変わる」ラブが不振のレイカーズの復活を予想「リーグを驚かす気がする」<DUNKSHOOT>

かつてレブロン(右)と共闘したラブ(左)が、低空飛行が続くレイカーズの浮上を予想した。(C)Getty Images

1月23日(日本時間24日、日付は以下同)時点で、ロサンゼルス・レイカーズは23勝24敗(勝率48.9%)でウエスタン・カンファレンス8位。開幕前は優勝候補と目されたなか、ここまでは期待外れな結果に終わっている。

 そんななか、クリーブランド・キャバリアーズでレブロンと4シーズン共闘し、2016年にはチームを球団史上初のリーグ制覇へと導いたケビン・ラブが21日、『The Old Man and the Three』に出演。JJ・レディック(元ロサンゼルス・クリッパーズほか)らがホストを務めるポッドキャスト番組内で、レイカーズの現状についてこう語っていた。

「AD(アンソニー・デイビス)が健康体で帰ってくれば、彼があのチームをガラッと変えることになると思う。オールスターブレイクか、その後になるかは別にして、あのチームが噛み合うことになっても僕は驚かないね。彼らはリーグを驚かすことになる気がする。

 どれだけ時間がかかるかって?それはわからないな。でも期待はあるし、(好転すると)吟味すべきだと思うね。ただ、それが保障されているわけではないし、いくつかの点で不公平ではあるけどね」
  左ヒザを痛めて離脱中のデイビスは、23日のマイアミ・ヒート戦で復帰する可能性があったが、結局は欠場。リーグ最高級のビッグマンが昨年12月中旬に離脱して以降、レイカーズはレブロンが毎試合25得点以上をあげて引っ張っているものの、7勝10敗と負け越している。

 アウェー6連戦中のレイカーズは、25日にブルックリン・ネッツ、27日にフィラデルフィア・セブンティシクサーズ、28日にシャーロット・ホーネッツ、30日にアトランタ・ホークスと対戦予定。デイビスはその期間中に復帰する見込みだ。

 攻守の要であるデイビスがコートに戻ることで、苦境からの立て直しが期待される一方、即座にレイカーズがプレーオフモードへと切り替わるかは微妙なところ。ラブが指摘した通り、来月中旬のオールスターブレイク前後にチームとして覚醒するかどうか注目したい。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)