メダル有望株のスキーヤーが地元中国で人気急上昇!ヴィトンのPRなど広告収入1億円超えの人気を誇るワケ

メダル有望株のスキーヤーが地元中国で人気急上昇!ヴィトンのPRなど広告収入1億円超えの人気を誇るワケ

中国代表として北京五輪に臨む18歳のグー。今や地元では大人気のようだ。(C)Getty Images

開幕まで10日をきった北京五輪。地元中国で最も注目されている選手がフリースタイルスキーの3種目(ハーフパイプ/スロープスタイル/ビッグエア)で出場予定のアイリーン・グー(谷愛凌)だ。

【画像】モデルとしても大活躍!美女スキーヤー、アイリーン・グーの厳選ショットを一挙にお届け

 米国人の父と中国人の母を持ち米国で生まれ育ったグーは、15歳の時に母の母国のために戦うことを決意し米国代表から中国代表に転身。昨年3月の世界選手権ではスロープスタイルとハープパイプの2種目で優勝と、着実に力を付けている。

 そんな18歳は強いだけでない。完璧なルックスを兼ね備え、度々ファッション誌にも掲載されている。五輪を間近に控えた今、中国では街やTVなど至るところに彼女の広告があるようで、同国メディア『新浪体育』が、「アイリーン・グーの価値は急上昇し、広告収入は1億円超えの可能性がある」と銘打ち彼女を特集した。

 2021年以前は7つのブランドの広告塔だった彼女は、現在に至る1年余りで3倍以上の23の仕事を受け持ち、化粧品の『エスティローダー』をはじめ、ファッションブランド『ルイ・ヴィトン』や宝飾品ブランド『Tiffany』など高級品を扱うメーカーのPRを行なっている。
  最近では「私もそのような人生を送りたい」「まさに伝説のヒロインだ」とSNSで騒がれるスキーヤーは、なぜ人気が急上昇したのか……。同メディアは「大会のパフォーマンスがアスリートのビジネス価値で最も重要な要素」と位置付けたうえで、「2021年末から37日間で、W杯とDew Tourを合わせて6つの金メダル、2つの銀メダル、1つの銅メダルを獲得し、国際スキー連盟には『史上初の人物』と評された」と実績を掲載した。

 1980年レークプラシッド大会で冬季五輪に初出場して以来、13個の金メダルと苦戦している中国。そんな同国は「スターが多くないため、アイリーン・グーや武大靖(ショートトラック)が注目を一身に浴びている。とりわけ地元開催のため商業的大きなポテンシャルを示した彼女は当然のようにブランドの広告塔になっている」と記した。

 メダル有力候補の18歳は、果たして地元の大きな声援に応えられるだろうか。まずは2月7日のビッグエアに注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連動画】世界初の快挙!美女スキーヤーの“ダブルコーク1440”をチェック(2ページ目)

【関連動画】ハーフパイプで97.50点の自己ベストを叩き出した演技をチェック

【関連記事】北京五輪スター候補に羽生結弦、美人スキーヤーらを選出!仏メディアは日本のエースを高評価「大きな印象を与えた」
 

関連記事(外部サイト)