ジョーダンとピッペンの関係は「終わった」。元同僚オークレーが断言<DUNKSHOOT>

ジョーダンとピッペンの関係は「終わった」。元同僚オークレーが断言<DUNKSHOOT>

亀裂が入ったジョーダン(左)とピッペン(右)の関係を、元同僚オークレーは「終わった」と断言する。(C)Getty Images

マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペン。シカゴ・ブルズで2度の3連覇(1991〜93、96〜98)を成し遂げた黄金デュオだが、かつての絆は今や跡形もなく、関係は泥沼化している。元同僚のチャールズ・オークレーも、修復は不可能と考えているようだ。

 ブルズのみならず、NBAの歴史において“史上最高のデュオ”とも言われ、抜群のコンビネーションで数々の強敵を蹴散らしたジョーダンとピッペンは、1990年代のリーグを席巻。お互いを認め合い、栄光のキャリアを歩んだ2人だが、2020年4〜5月に米スポーツ専門局『ESPN』で公開されたブルズのドキュメンタリー『ザ・ラストダンス』をきっかけに、徐々に確執が表面化していく。
  作品内では、チームのリーダーだったジョーダンが仲間を叱咤激励して奮起を促し、栄光へと導いたように描かれていたが、開幕前に足首の手術を遅らせたピッペンは“セルフィッシュ”な判断だったと非難された。ピッペンは昨年11月に発売した自伝『Unguarded』にまつわるインタビューで、ジョーダンが一緒にプレーしたなかでベストのチームメイトだと認めた一方、著書では「『ザ・ラストダンス』はマイケル・ジョーダンを称賛し、私と私の誇り高きチームメイトたちを十分に評価していない」と“格差”に不満を漏らしていた。

 自伝出版後、ジョーダンからの連絡はなく、話す予定もないと主張したピッペン。1987−88シーズンにブルズでジョーダン&ピッペンと共闘し、その後は宿敵ニューヨーク・ニックスの一員としてしのぎを削ったチャールズ・オークレーは『The Bill Simmons Podcast』で最強デュオについて見解を示した。

「『ザ・ラストダンス』は、スコッティよりもデニス・ロッドマンとスティーブ・カーに長くスポットを当てていた。スコッティはレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)のような選手であり、コート上で2人よりも多くのことをこなしていたんだけどね。それを観て、彼は自分が取り残されたように感じたのだろう。そして、ジョーダンがいなければ自分は優勝リングを6個も勝ち取れなかったとも感じたんだ」
  オークレーによれば、「ジョーダンは常にスコッティを称賛していた」という。ただ、この一件に対してジョーダンは“反撃”をすることはなく、これまでの生活を貫くだろうと推察している。

「『ザ・ラストダンス』以来、何が起こったのか俺にはわからない。ジョーダンは『俺は何も言うつもりはない』という感じだろう。彼はマスコミに対して何も言わないつもりのはずだ。ゴルフをしたり、釣りをしたり、葉巻を吸ったり……。自分がしてきたことをこれからも続けていくだけだ」
  ジョーダンとピッペンは再び話すことがあるかと問われ、2人の関係は「終わった」と断言したオークレー。はたしてかつての同僚が言うように、彼らの縁や絆はここで切れてしまうのだろうか。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】オラジュワン、ジョーダン、バークレー、ペニー……NBAの歴史を彩った偉大なレジェンド特集!

関連記事(外部サイト)