「俺はイノウエとやりたい!」フィリピンの“ワンパンマン”が打倒・井上尚弥を宣言「こっちは恐いものはない」

「俺はイノウエとやりたい!」フィリピンの“ワンパンマン”が打倒・井上尚弥を宣言「こっちは恐いものはない」

バンタム級で絶対的地位を築いている井上(右)。そんな世界屈指のハードパンチャーに、フィリピン戦士スルタン(左)が挑戦状を叩きつけた。(C)Getty Images

いまや当代屈指の実力派ファイターとなったWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)。世界バンタム級の4団体統一を目論む日本の“モンスター”には、虎視眈々とその座を狙う敵も多い。

 井上は2012年のプロデビューから22戦無敗。そのうち19戦がKO勝ちという規格外の強さを誇っている。コロナ禍で悩まされた昨年も2戦連続TKO勝利を収め、「バンタム級とは思えない衝撃」(英メディア『talkSPORT』)と海外メディアを感嘆させた。

 元世界ヘビー級王者であり、“鉄腕”の異名で知られるマイク・タイソン(アメリカ)をして「ヤツはとんでもない」と言わしめる井上。そんな28歳の絶対王者に果敢に挑む戦士が現れた。

「イノウエ、俺はいつでも準備ができている」

 地元専門メディア『Phil Boxing』で、そう勇ましく語るのは、ジョナス・スルタン(フィリピン)だ。WBAバンタム級10位ながら、2017年には判定の末に、あのジョンリエル・カシメロ(フィリピン)を撃破した猛者である。

【動画】渾身のストレート炸裂! 世界を驚嘆させた井上尚弥のKOシーンをチェック

 昨年10月には、プエルトリコのカルロス・カラバロを下し、WBOインターコンチネンタルバンタム級王座を獲得。スルタンは、同階級でのさらなる飛躍を狙うべく、“大物食い”を画策している。

 そこで狙いをつけたのが、日本の最強戦士だった。「ワンパンマン」の愛称を持つ30歳は、『Phil Boxing』で、こう訴えた。

「これまでも言ってきたが、対戦するとなれば、プレッシャーがかかるのは向こうで、こっちは恐いものはない。それにふたりのフィリピン王者(カシメロとノニト・ドネア)とはやりたくない。だから、イノウエとやりたい。どんな場所やルールだろうと良い準備するだけだ。俺は止まらない」

 カシメロと同じMPプロモーションに所属するスルタンだけに、さらに強いアピールを続ける可能性もある。そうなったときに、今年6月のビッグマッチを予定する井上がどう反応するかは興味深いところだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「イノウエはネリと同じ道を辿る」――井上尚弥の階級上げは危険!? 現スーパーバンタム級王者の忘れがたき言葉

【関連記事】「そう簡単なものじゃない」――井上尚弥が「パッキャオは本当に稀」と提唱する“階級上げのリスク”

関連記事(外部サイト)