「異常だ」フィギュア中国代表の“帰化選手”イ・ジュウは再び号泣…国内の大バッシングに海外メディアもあきれ顔【北京五輪】

「異常だ」フィギュア中国代表の“帰化選手”イ・ジュウは再び号泣…国内の大バッシングに海外メディアもあきれ顔【北京五輪】

中国選手 転倒し国内で炎上

「異常だ」フィギュア中国代表の“帰化選手”イ・ジュウは再び号泣…国内の大バッシングに海外メディアもあきれ顔【北京五輪】

ジュウにかかっていた重圧は計り知れない。(C)Getty Images

現地時間2月8日、北京五輪フィギュアスケートの団体戦3日目が行なわれた。予選を終えた上位5か国が進める決勝に、開催地である中国チームは5位で進出。メダル獲得はならず、8種目すべてを終えた後も5位に止まった。

 この中国チームに、女子シングル選手として参加していたのが19歳のイ・ジュウ(朱易)だ。6日のショートプログラム(SP)で演技したが、ジャンプで転倒するなどのミスが響き、10か国中最低の47・30点で大ブレーキになってしまった。

 すると、中国のSNSであるWeibo(微博)が炎上。「朱易が転倒」というハッシュタグへのアクセス数が数時間で2億を超えたという。「恥さらし」「なぜ中国生まれの選手を代表にしなかったのか」「コネによる選出」といった大バッシングが起こる異常事態となった。その後、中国国内でこのハッシュタグが検閲対象になり、のちに削除されたと報じられている。

 イ・ジュウは米国ロサンゼルス生まれで、2018年に中国へ帰化。北京五輪代表の選考を行なう競技会に参加した後、正式に代表に選出された。しかし、国内で人気のスケーターを抑えて選出されたことや、中国語を流ちょうに話すことができない点などがファンの間で問題視されていたようだ。

【フィギュアPHOTO】日本の坂本花織、樋口新葉、河辺愛菜がワリエワ擁する最強ロシア勢に挑む! 北京五輪に参加するフィギュア女子シングル全30名を一挙紹介 8日に行なわれたフリーにも出場したジュウは、転倒はありながらも、最後まで演技し、終えた後は氷上で大粒の涙を流した。

 英紙『Daily Mail』は「中国代表として戦うために米国籍を捨てたフィギュアスケート選手は、国内から異常なバッシングにさらされている。中国は今大会に向けて、少なくとも12人の帰化選手を準備している。だが、その扱いは個々によって格差があり、ジュウは中国語を満足に話せないといって批判されていた。母国開催の五輪に出るというプレッシャー以上のものを感じていただろう」と伝えた。

 香港紙『South China Morning Post』は、団体戦に参加した男子シングルのボーヤン・ジンのコメントを引用し、ジュウが背負っていた重圧に言及。ジンは「彼女はとても勤勉だ。オリンピックで唯一のフィギュアスケーターとして巨大なプレッシャーにさらされて演技するのは並大抵のことではない。彼女が個人戦でベストな演技ができることを願う」と擁護したという。また、フィギュアスケートの名物記者、ジャッキー・ウォン氏はフリーを終えたジュウに対し、「この演技に臨む際に彼女にかかったプレッシャーと責任の大きさにただ圧倒される」と思いやった。

 19歳のフィギュアスケーターは2月15日から始まる個人戦にも中国代表として参加する。思い残すことなく、悔いのない演技が披露できることを祈るばかりだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】2大会連続の五輪出場!メダル獲得を狙うフィギュア女子シングル・坂本花織!

【北京五輪PHOTO】驚異の90.18点で衝撃的な五輪デビュー!ロシアが誇る逸材カミラ・ワリエワ!

【フィギュアPHOTO】ペア三浦璃来&木原龍一組、アイスダンス小松原美里・尊組が初のオリンピックへ! 北京五輪に参加するペア競技の選手をチェック
 

関連記事(外部サイト)