人気マスコットのビンドゥンドゥン、まさかの“正体”に中国国内で「幻滅」「ショック」の声広まる【北京五輪】

人気マスコットのビンドゥンドゥン、まさかの“正体”に中国国内で「幻滅」「ショック」の声広まる【北京五輪】

開会式に登場して大歓声を集めたビンドゥンドゥン。グッズショップでは長蛇の列ができるほどの人気ぶりにダメージを与える“事件”が起きた。(C)Getty Images

日夜、トップアスリートたちによる熱戦が繰り広げられている北京五輪。そのウインタースポーツの祭典を彩っているのが、今大会のマスコットであるビンドゥンドゥンだ。
【PHOTO】北京五輪で輝け!冬のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを一挙紹介!

 宇宙飛行士のスーツを模した氷の“シェル”を纏っているパンダのビンドゥンドゥンは、愛らしい見た目もあいまって開催前から人気が沸騰。中国国内では関連グッズが飛ぶように売れ、一部では偽物品も登場。高値での転売や“売ります詐欺”など、人気に乗じた犯罪が問題にもなっている。

 もはや社会現象的な存在となっている。だが、その人気に影を落としかねないアクシデントが起きてしまった。米放送局『CNN』によれば、今月8日に中国国営放送『CCTV』が公開した女子フリースタイルスキーの楊碩瑞へのインタビュー映像で、インタビュアーとなったビンドゥンドゥンの声が中年男性だったために、「幻滅の反応が広がっている」というのだ。

 同メディアは、ビンドゥンドゥンの“正体”が公になり、中国版ツイッター『ウェイボー』で、「もうあの声が常に脳裏をよぎる」「なんで喋ったの? ずっとかわいいパンダのままでいてよ」「正直言ってショックすぎる」といった嘆きの声が噴出したと報道。そのうえで、ウェイボー上では「ビンドゥンドゥンが喋った」など関連するハッシュタグの停止が行なわれたと伝えている。
  また、中国国内でも悲観される騒動に対して同メディアは、「北京オリンピック委員会はIOCと契約を締結した際に、ビンドゥンドゥンが話すことは禁じていたはずだった」としたうえで、一大フィーバーへの懸念を記した。

「愛くるしいパンダであるビンドゥンドゥンは、その衝撃的な声を披露するまでは、中国国民の羨望の的だった。しかし、今回の件で人気ぶりも大きな打撃を受けてしまうかもしれない。誰もがあの声は聞きたくなかったはずだ」

 いったいなぜ声を発してしまったのか……。すでに問題の動画は削除されているものの、批判の広まり方を見る限り、北京五輪委員会にとって痛恨の出来事となるかもしれない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】北京五輪で輝け!冬のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを一挙紹介!

【関連記事】段ボールベッドが槍玉に…北京五輪との“比較”で東京五輪金メダリストが「寝心地の悪さを思い出した」と吐露!

【関連記事】「非常に厳しいものだ」バブル内の“食事情”に米記者から不満も。東京大会は「少なくともデリバリーできた」

関連記事(外部サイト)