「ついに頂点に躍り出た!」女子1000mで金メダル&五輪新の高木美帆に欧米メディアが賛辞「新たな素晴らしい瞬間」

「ついに頂点に躍り出た!」女子1000mで金メダル&五輪新の高木美帆に欧米メディアが賛辞「新たな素晴らしい瞬間」

今大会の最終種目となった1000mで金メダル!会心のレースに高木本人も手応えがあったようだ。(C)Getty Images

まさに、有終の美だった。

 2月17日、北京五輪スピードスケート競技の女子1000mが行なわれ、日本の高木美帆が五輪記録を更新する1分13秒19を叩き出し、同種目で日本史上初の金メダルを獲得した。高木はこれまで1500m、500m、団体パシュートで銀メダルを手にしていた中で、出場最終競技で文字通りの頂点に立ったのだ。

【PHOTO】北京五輪で輝け!冬のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを一挙紹介!

 “レジェンド”の滑りに日本国民全員が感動したのは言うまでもないが、高木の悲願の頂点には各国メディアも称賛の声を届けている。
  イギリス『BBC Sports』は「ミホ・タカギが3つの銀メダルに金を加えた。ついに頂点に躍り出た。そして、彼女の目から涙があふれている」として。歓喜の涙をこぼした様子とともに新女王の戴冠を祝福。

 他にもアメリカ人記者のデーブ・ホッグは「オリンピックに新たな素晴らしい瞬間が加わった。これまで銀メダルを3つ、つい先日は(パシュートの)ラストコーナーで(姉の菜那が)転倒することもあった中で、ミホ・タカギがオリンピック記録を更新して金メダルを手にした」とコメントをつづった。

 通算7個目のメダルを手にした高木は、自身が持つオリンピックの日本女子選手史上最多記録(6個)をも更新して見せた。悲願の金メダルをかけられた表彰台では、涙が消え、最高の笑顔を見せたのも印象的だった。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】高木美帆が涙の金メダル!女子1000mで五輪新記録をマークし日本史上初の頂点に!小平は10位【北京五輪】

【関連記事】金を逃したスピードスケート日本のまさかの転倒に欧州識者も「本当に残念」と愕然「ナナにとっては辛い運命」【北京五輪】

【関連記事】金まであと60mで転倒。衝撃展開で高木姉妹が見せた姿に海外メディアも感嘆「妹はただそこに居続けた」【北京五輪】

関連記事(外部サイト)