コビー・ブライアントが死の直前に送った3通のメッセージ。レブロンとは“ライバル”から“ブラザー”の関係に【NBA秘話|前編】<DUNKSHOOT>

コビー・ブライアントが死の直前に送った3通のメッセージ。レブロンとは“ライバル”から“ブラザー”の関係に【NBA秘話|前編】<DUNKSHOOT>

ジジ(左)が出場するバスケ大会へ向かう途上、コビーは愛娘とともに帰らぬ人に。肉体は滅んでも、今後もその伝説は永遠に語り継がれていくことだろう。(C)Getty Images

コビー・ブライアントがヘリコプター墜落事故でこの世を去ってから、早くも2年が過ぎた。

 今回は世界中のファンを魅了したこの悲劇のスーパースターの物語をお届けする。コビーは死の直前、3人のバスケットボールにまつわる友人とメッセージを交わしていたという。その内容には、コビー・ブライアントという人物の温かい人柄がにじみ出ていた。

※年齢および所属先は掲載当時のもの。

■生前最後の交信を交わしたコビーの3人の友人たち

 コビー・ブライアントと次女ジアナ(愛称ジジ)がこの世を去ってから1年が経った。すべてのNBAファン、そしてスポーツファンにとって、あの日の出来事は永遠に忘れられない記憶として、脳裏に刻まれていることだろう。

 2020年1月26日、日曜日。カリフォルニア州オレンジ郡ニューポートビーチに居を構えるコビーは、午前7時前、ジジと一緒に自宅近くの教会に出向いてミサに授かった。
  その日は、コビーが2年前に共同経営者となった大型複合スポーツ施設“マンバ・スポーツアカデミー”で、小学3年生から中学2年生までを対象にしたバスケットボール大会、“マンバ・カップ・トーナメントシリーズ”の2日目が開催されることになっていた。その大会に、コビーがHCを務め、13歳のジジがエースとして活躍するチーム、レディー・マンバズも出場。試合開始予定時刻は正午だった。

 コビーとジジ、彼女のチームメイトのアリサ・アルトベリとペイトン・チェスター、その家族、アシスタントコーチ、それにパイロットの総勢9人は、コビーが現役時代からレンタルしているプライベート・ヘリコプターで、ニューポートビーチのジョン・ウェイン空港から、アカデミー近くのキャマリオ空港へ向かった。予定飛行時間は30分弱。

 午前9時6分、ヘリコプターはジョン・ウェイン空港を飛び立つと、途中航空管制官よりロサンゼルス市上空が混雑しているため空中待機するよう指示が入り、12分間のサークル飛行を強いられる。そして離陸から39分後の9時45分、ロサンゼルス郡西部に位置するカラバサス丘陵地を飛行中、激しい濃霧の中で悲劇は起きた。
  最期となった日、コビーは数時間の間にテキスト(携帯番号に送るショートメッセージ)やSNSのメッセージをいくつか送信し、電話もかけている。もちろん、事故が起きることなど知る由もなかったわけで、言わばごく日常的な行為だった。それらの内容には、興味深いことに共通点が見て取れる。

 それは、“人を思いやる心”だ。世界で最も有名なセレブの1人であり、多忙を極める男が、時間を捻出して、さほど重要とも急を要するとも思えないメッセージを送る。やれば簡単なのだろうが、コビーほどの立場にある者ならなおさら、マメにできることではないだろう。その日はたまたまだったのかもしれないが、そうであるにしろ、そこにコビーの人間性がそこはかとなくにじみ出ていることは間違いない。

 事故の直前、コビーが最後の交信を交わした3人の仲間たち。ちょうど1年前、世界中に衝撃を与えた痛ましい出来事の陰で、ほとんど話題になることのなかった、ささやかな物語である。
 <レブロン・ジェームズ>
■通算得点記録で自身を抜いたライバルにかけた祝福の電話


 墜落事故前夜の2020年1月25日夜、レイカーズは敵地フィラデルフィアでシクサーズと対戦し、レブロン・ジェームズはコビーの持つ通算得点記録3万3643点を抜いて歴代3位に浮上した。試合終了の10分前、コビーはツイートを投稿し、レブロンを“my brother”と称して、記録更新への祝意とリスペクトの気持ちを表わしている。

 また、スポーツ情報サイト『The Athletic』 のシャムズ・シャラニアが入手した情報によると、試合後レブロンのiPhoneにコビーからお祝いの電話がかかってきて、レブロンはスピーカーフォンで通話していたため、レイカーズのチームメイト数人が傍で会話を聞いていたそうだ。シャラニアはツイッターに、コビーとレブロンによる最後の会話だったと書いている。だが、実はそれが最後ではなかった。

 翌26日、レブロンはフィラデルフィアからロサンゼルスへ戻るチーム専用機の機中で、コビーの事故死を知る。タラップから降り、友人や関係者と泣きながらハグを交わす姿を、望遠レンズで撮影した映像がネットにアップされている。その日レブロンからメッセージが発せられることはなく、翌日インスタグラムに2人のツーショット写真とエモーショナルな文章が掲載された。そのなかに、次のような記述がある。
 “あなたの声を、まさに日曜の朝、フィリーからLAへ戻る前に聞いたばかりだった。あれが最後の会話になるなんて、万にひとつも考えはしなかった”。

 コビーとレブロンは、事故当日の朝も電話で話をしていたのだという。コビーが生前最後に会話をしたNBA関係者は、レブロンだったのだろうか。

 コビーはマイケル・ジョーダンから受け取ったバトンを、レブロンに手渡した。コビーがジョーダンに憧れ、闘志を燃やし、ビッグブラザーと慕ったように、レブロンにとってもコビーはライバルであると同時に、心の底から敬愛するビッグブラザーだった。

 これまでレブロンは、コビーについてコメントをいくつか残している。その一部を読むだけで、彼の気持ちがいじらしいほど伝わってくる。

「ABCDキャンプ(全米から優れた高校生を集めて開催されていたバスケットボール・キャンプ)に行ったら、コビーが姿を現わして、そこにいた連中全員に話しかけてくれた。俺もたまたまそのなかの1人だった。その時、彼が言ったことを今でも覚えている。『もし偉大な選手になりたいのなら、努力しなければならない。努力に代わるものはないんだ』」
 「NBAにドラフトされて、それでも俺は単純に彼に憧れていたよ。彼が成し遂げたことに対してね。俺はただ彼の仕事に対する意識を見ていた。彼がゲームに注ぎ込む、職業意識の高さを」

「2008年(北京オリンピックで初めて一緒にプレーし金メダルを獲得)、彼と同じラインナップでプレーした時は、俺の夢が叶った瞬間だった。とてもシュールだったよ」

「史上最高のバスケットボール選手の1人であるコビー・ビーン・ブライアントと、どんな内容であれ話ができて幸せだ」

 憧れていた人物が亡くなる前夜に、その彼の持つ通算得点記録を抜き去り、喜びを分かち合い、亡くなる直前に肉声を交わした。レブロンの気持ちたるや、想像するだけで胸が苦しくなる。

 レブロンがコビーの記録を抜いた試合、彼が履いていたシューズには、“Mamba 4 Life”の文字が書き込まれていたという。
(後編に続く)

文●大井成義

※『ダンクシュート』2021年3月号掲載原稿に加筆・修正。

関連記事(外部サイト)