段ボールベッドが槍玉に…北京五輪との“比較”で東京五輪金メダリストが「寝心地の悪さを思い出した」と吐露【プレーバック北京五輪】

段ボールベッドが槍玉に…北京五輪との“比較”で東京五輪金メダリストが「寝心地の悪さを思い出した」と吐露【プレーバック北京五輪】

全自動のリクライニング機能が付いているという北京五輪のベッド。これを使用した選手たちの評価はいかに? (C)Getty Images

北京五輪で話題となった競技内外の出来事を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回取り上げるのは、ある米代表のSNS上で盛り上がりを見せた選手村の“ベッド比較”について。そのなかには、東京大会金メダリストからのリアルな感想も寄せられた。

記事初掲載:2022年2月3日

――◆――◆――

 いよいよ開幕が間近に迫る北京五輪。出場選手たちが続々と現地入りするなかで、ひそかな話題となっているのが、選手村で使用されるベッドである。

 発端となったのは、現地時間1月27日にリュージュアメリカ女子代表のサマー・ブリッチャーが、自身のTikTokで投稿した一本の動画だ。金メダル獲得を目指す彼女は、ファンから寄せられた「選手村は段ボールベッドなのか?」という質問に、「素材は段ボールではないし、北京の組織委員会は『どうしたら東京を上回れるか』について考えてる」とリモコン付きの電動リクライニングベッドを紹介した。

 北京五輪で使用されるベッドは、「無重力睡眠」も体験できる特別仕様。そのため、「これを観ている皆さんにすばらしいものをシェアしたい」と嬉々として語ったブリッチャーの下には、さまざまな声が寄せられた。そしてそのなかには、東京五輪で段ボールベッドを体験していたアスリートからのコメントも見られた。

【PHOTO】北京五輪で輝け!冬のスポーツシーンを彩った「美女トップアスリート」たちを一挙紹介!
 女子重量挙げのアメリカ代表であるマーサ・ロジャースが「私、泣けてきた」と漏らせば、同じくアメリカの女子シッティングバレーボール代表で、金メダルを獲得したエマ・シークは、こう記した。

「私はあの東京に参加したアスリートとして、段ボールベッドの寝心地の最悪さを思い出しながらこれを観てる」

 東京五輪開催時にも話題となった段ボールベッド。それに比べれば、さまざまな機能が搭載された今大会のベッドは、かなりの優れものと言えそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】東京五輪と北京五輪の“ベッド比較”が話題に。米メディアも指摘「東京大会のアスリートを間違いなく嫉妬させる」

【PHOTO】北京オリンピックで輝いた「日本人メダリスト」を一挙紹介!

【関連記事】「あるまじき行為だ!」選手村のベッド破壊、部屋の壁に穴、帰国便で乱痴気騒ぎ…豪州選手たちに批判噴出!

関連記事(外部サイト)