フィギュア界に激震再び!11位のスペイン選手がドーピング違反。弁護人は「意味がない」と主張

フィギュア界に激震再び!11位のスペイン選手がドーピング違反。弁護人は「意味がない」と主張

フィギュア界またドーピング

フィギュア界に激震再び!11位のスペイン選手がドーピング違反。弁護人は「意味がない」と主張

北京五輪では11位で終えたスペインペア。女性の検体から禁止薬物の陽性反応を示した。(C)Getty Images

現地時間2月22日、ドーピング検査を管轄する国際検査機関(ITA)は、北京五輪フィギュアスケートのペアで11位のラウラ・バルケロ(スペイン)から採取した検体から禁止薬物の陽性反応が出たと発表した。

【PHOTO】北京五輪で輝け!冬のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを一挙紹介!

 同検体は、2月18日に行なわれたショートプログラム時に採取したもの。世界反ドーピング機関(WADA)の禁止リストにある筋肉増強剤のひとつ「クロステボル」が見つかったのだ。

 北京五輪では女子シングルのROC代表カミラ・ワリエワのドーピング陽性を受け、騒動が巻き起こっており、続くようにバルケロの違反が発覚した。これを受け、地元紙『MARCA』は、「4年の処罰を軽減するために、自分に過失がなかったことを証明しなければならない」と報じている。

 今大会3冠を成し遂げた女子クロスカントリースキーのテレーセ・ヨーハウグ(ノルウェー)も、実は2016年の抜き打ちドーピング検査で同物質が検出されていた。同紙は彼女に注目し、「リップクリームに禁止薬物が含まれていたと主張し、証明することができた。だが、18か月資格停止処分を下され、2018年の平昌大会の出場機会が奪われていた」と事例を紹介する。
  今季からNPBのソフトバンクに加入した遊撃手ガルビス(ベネズエラ)も以前、同薬物違反になった一人だ。バルケロの弁護人ゴルカ・ヴィラール氏は、「彼の場合、筋肉量を増やすと判断されたが、フィギュアスケートでは意味がない」と主張しているという。

 昨シーズンからマルコ・ザンドロンとカップルを結成し、国際大会には今季から出場したバルケロ。いきなり11位に入る快挙を見せた弱冠二十歳には、B検体での検査を要求する権利がある。

構成●THE DIGEST編集部

【北京五輪PHOTO】五輪デビューは涙の4位。カミラ・ワリエワの演技をプレイバック

【関連記事】“皇帝”プルシェンコ、元教え子トゥルソワの課題を指摘!「金メダルを取りたいならコーチの言うことを聞け」

【関連記事】「ゴミはゴミ箱にいなさい!」“鉄の女”トゥトベリーゼの元教え子が壮絶体験を告白!「誰も彼女に逆らえない」

関連記事(外部サイト)