新日本50周年記念マッチ出場の“旗揚げメンバー”藤波辰爾は「ドキドキする気持ちは大事」【新日本】

新日本50周年記念マッチ出場の“旗揚げメンバー”藤波辰爾は「ドキドキする気持ちは大事」【新日本】

メインイベントに出場したオカダ(中央)、棚橋(左)、藤波(右)のドリームトリオ。写真:徳原隆元

3月1日、新日本プロレスは、東京・日本武道館で旗揚げ50周年を記念した『旗揚げ記念日』を開催した。

 大会のオープニングでは、新日本往年の名物リングアナ、田中ケロリングアナの名調子に乗って、井上亘、獣神サンダー・ライガー、小林邦昭、坂口征二、保永昇男、タイガー服部、北沢幹之、ミラノコレクションA.T、田中稔、垣原賢人、山崎一夫、藤原喜明、前田日明、越中詩郎、木村健悟、蝶野正洋、武藤敬司、長州力、藤波辰爾(敬称略)といったOBが50周年記念セレモニーに参加。闘病中の初代タイガーマスクがVTRでメッセージを寄せた。

 メインイベントでは、NJPW旗揚げ50周年記念試合として、オカダ・カズチカ&棚橋弘至&藤波辰爾のドリームトリオに、ザック・セイバーJr.&鈴木みのる&藤原喜明の師弟トリオが激突。新日本プロレスだからこそ実現したこの試合では、ドラゴンスクリューの競演や、脇固めの三重奏など名場面が続出。終盤、みのるがオカダをスリーパーで捕らえるも、藤波がドラゴンスリーパーで阻止。続いて棚橋がみのるにスリングブレイドを決めると、最後はオカダが粘るみのるをレインメーカー葬。ドリームトリオが勝利を収めている。

 試合後、闘病中の創設者、アントニオ猪木氏へのエールとして、旗揚げメンバーの一人である藤波が音頭をとり、「1、2、3、ダァーッ!」で記念大会を締めた。
  バックステージで藤波は「感無量ですね。何年経っても、レスラーを現役でやってる以上は、このドキドキする気持ちは大事だよね。2人に感化されて自分も動こうとしたんだけど、足がもつれましたね(笑)。(パートナーの2人は)すごいね、やっぱり現役のチャンピオンはね。その意味では引っ張られた部分はあるんだけどね。楽しかったです。本当にスタートのことを考えたらね、この50周年をまさかね、自分がこういう形でリングに立てるとは夢にも思わなかったし、そういう意味ではね、この頼もしい2人が新日本プロレスを背負っていくでしょうし、我々もいろんな形でサポートしていきたいですね」と終始ドラゴンスマイル。

 棚橋は「藤原選手と向かい合った時にどこから攻めようかと思ったんですけど、凄みに一瞬『ウッ』と躊躇する時があって。『これは今のレスラーにはないな』というのもあったし、そういう発見もありましたね。今回、藤波さんと組ませてもらって、ガウンもお借りして。藤波さんの50周年のヤツだったんで、新日本も50年ということでね。初めてガウン着たんですけど、似合ってたかどうかは知らないですけど(笑)。今の状況で50周年、本当ならもっと派手に、華々しく50周年を祝いたかったんですけども、でも本当に、ここで節目でよかったかなと。また一からコツコツと、次の50年、100年目指して進んでいきたいと、決意が新たに固まりました」と逸材は50年先を見据えた。
  オカダは「そうですね。ザックと最初にやって、今の新日本プロレスというのをお客さんに楽しんでもらったと思いますし、僕も戦って、藤原さんと、まぁその時のプロレスがどうだったか僕には分からないですけども、『あっ、こういうプロレスをされてたんだな』というのを感じることもできましたし、鈴木みのると闘っても、鈴木みのるは鈴木みのるでまた違った時代のプロレスを闘ってたんだなと。すごく歴史を感じましたし、一緒に組んでても、緊張しちゃいましたね。なかなか緊張しないですけど。棚橋さんには悪いですけどね(笑)でもまあ本当に、緊張感を持って試合に臨めましたし、最初のセレモニーでも、プロレスファンに戻ったような気持ちになりました。現役を知ってる選手もいますけど、知らない選手の方のほうが多いので、今日は何かハッピーな大会だったなと思います。本当に、50周年にふさわしい大会だったんじゃないかと思いますね。本当に、この50周年がすごくいい日でしたので、また 60周年、70周年、80周年、90周年、100周年と続いていけるよう、“今”をしっかり戦っていきたいですし、僕も100周年になった時には 84歳ですから、僕もリングの上に座らせてもらってですね、いろんな人に迎えてもらって。そういう形で応援もしていきたいですし、どんどんどんどん盛り上げていってですね、たくさん来ていただいたOBの方たちの名を汚さないように、新日本プロレスを盛り上げていきたいと思います」と語り、50周年を背負う気持ちがさらに強くなったようだ。
  最後に藤波は「また呼んでもらえるように頑張ります」と話していたが、3.27大阪城ホール大会への出場が決定しており、この大会のカードも期待したい。

◆新日本プロレス◆
『旗揚げ記念日』
2022年3月1日
東京・日本武道館
観衆 3182人
▼NJPW旗揚げ50周年記念試合(30分1本勝負)
○オカダ・カズチカ&棚橋弘至&藤波辰爾(18分12秒 片エビ固め)ザック・セイバーJr.&鈴木みのる●&藤原喜明
※レインメーカー

文??どら増田

【関連記事】「正直、メディアの力で負けている」彩羽匠がマーベラス復帰戦で“難敵”に激勝!スターダム参戦への覚悟を語る

【関連記事】消えない背中の傷に流血。なぜ、世羅りさは“女子未踏の領域”となるデスマッチを続けるのか?「耐えて、生き様をみせる」

【関連記事】令和を彩る熱戦開幕! 内藤哲也が「思い入れはまったくない」オカダ・カズチカのIWGP世界ヘビーを望む理由とは?
 

関連記事(外部サイト)