「なんだかムカつく」“最強スコアラー論争”にレブロンは不満?「決して俺の名前は出ないんだ」<DUNKSHOOT>

「なんだかムカつく」“最強スコアラー論争”にレブロンは不満?「決して俺の名前は出ないんだ」<DUNKSHOOT>

高い得点力を誇るレブロンだが、オールラウンダーとしての才覚が際立つあまり歴代最強スコアラーとして名が挙がることはあまりない。“キング”はその点が不満のようだ。(C)Getty Images

今季でキャリア19シーズン目を迎えるロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズ。これまで4度の優勝を勝ち取り、シーズンMVPとファイナルMVPにそれぞれ4度輝いたほか、18度出場したオールスターでMVPに3度選出、オールNBAチームに17度、オールディフェンシブチームにも6度選ばれるなど、輝かしい実績を残してきた。

 昨年発表されたNBAの75周年記念チームにも当然のように選ばれており、『ESPN』と『The Athletic』が選定した歴代プレーヤーランキングでもマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)に次いで2位にランクイン。史上最強を意味する“G.O.A.T.(Greatest Of All Time)”論でもジョーダンやウィルト・チェンバレン(元フィラデルフィア/現ゴールデンステイト・ウォリアーズほか)、カリーム・アブドゥル・ジャバー(元レイカーズほか)、コビー・ブライアント(元レイカーズ)らとともに頻繁に名前が挙がるスーパースターだ。

 もっとも、レブロン自身はこの“G.O.A.T.”論で気に入らない点があるという。現地時間3月4日(日本時間5日、日付は以下同)、YouTubeに公開された『UNINTERRUPTED』の『The Shop』で、レブロンはこう話していた。
 「クレイジーなのは、俺は生粋のスコアラーではないということ。俺はチームメイトたちを絡めてプレーするのが大好きなんだ。いつもそうやってきた。俺のパスからチームメイトたちが成功を掴むのを見てきたんだ。俺はそういうタイプの男。だから歴代最高のスコアラーについて話される時、彼らは決して俺の名前を出したりしないんだ」

 これまでもレブロンは“スコアラー”と評されることを好んでいなかった。チームプレーヤーとして、味方を生かして勝利を掴み取るリーダー、そしてオールラウンダーとして活躍してきた自負がある。

 しかし同時に、6日終了時点で、レブロンは歴代3位となる通算3万6720得点をマーク。キャリア平均27.08点も歴代5位で、現役でもケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ/歴代4位)の同27.11点に次いで2位と、これまでのキャリアで数多の得点を生み出してきた。
 「なんだかムカつく。彼らは俺の名前をそこに入れようとしないんだ」とレブロンが語ったように、歴代最高のスコアラーとして名前が挙がるのはジョーダンやチェンバレン、コビーばかり。どこか矛盾しているようにも映るのだが、レブロン自身は“パスファーストガイ”でありながら、スコアラーとして見落とされていると感じているのかもしれない。

 今季はアンソニー・デイビスがケガで多くの試合を欠場していることもあり、平均29.4点はリーグ3位、これはレブロンのキャリアにおいてもここ12シーズンで最も高い。さらに6日のウォリアーズでは今季自己最多、キャリアでも3位タイの56得点を叩き出すなど、37歳にしていまだ衰え知らずのオフェンス力を維持している。
  関係者や識者が歴代最強スコアラーの枠にレブロンを入れないのは、あくまでこの男がスコアリングに特化した選手ではないということの表われであり、決して見落としているわけではないはず。この先レブロンが現役を続けていくなかで、通算得点で歴代2位のカール・マローン(元ユタ・ジャズほか/3万6928得点)、そして1位のジャバー(3万8387得点)を抜いてトップに躍り出ようと、“史上最強のスコアラー”という称号を手にすることはおそらくないだろう。

 だが、それにより評価を落とすことは決してない。なぜなら、この男はすでに史上最強のオールラウンダーという評価を確立しており、“レブロン”というプレースタイルでNBAの歴史に名を刻んでいるのだから。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】37歳を迎えても未だ衰え知らず!NBAの“キング”レブロン・ジェームズ特集!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?