「彼女のプログラムは開花している」坂本花織の金メダルを米アナリストが予想! 樋口新葉との“ワンツーフィニッシュ”にも期待

「彼女のプログラムは開花している」坂本花織の金メダルを米アナリストが予想! 樋口新葉との“ワンツーフィニッシュ”にも期待

充実したシーズンを過ごす坂本(左)と樋口(右)。海外識者からも大きな期待が寄せられている。(C)Getty Images

五輪シーズンの締めくくりとなる『世界フィギュアスケート選手権』(フランス・モンペリエ)の開幕が迫っている。ただ、今大会は現在も続いているウクライナ侵攻の影響により、国際スケート連盟(ISU)からロシア、ベラルーシ勢が追放されるなど、これまでにない異様な空気感に包まれている。

【北京五輪PHOTO】坂本花織、樋口新葉が魅せる! エキシビションも個性豊かに舞ったシェルバコワ、トゥルソワら女子シングルの選手たち

 このような状況下で迎える今大会だが、はたして誰が世界チャンピオンの座に輝くのか。現地時間3月20日、アメリカの名物アナリストであるジャッキー・ウォン氏は、自身のウェブサイト『Rocker Skating』に掲載した女子シングルのプレビュー記事で、坂本花織(シスメックス)、樋口新葉(明大)の“ワンツーフィニッシュ”を予想している。

 まず、記事のタイトルに「扉は開かれている」と銘打ったウォン氏は、「もし、通常通りに開催されていたら高確率でロシアの一人勝ちだっただろう」と認めつつ、今大会では「さまざまなスケーターが表彰台に上がる可能性が出てきた」と明言。“新女王誕生”に胸を膨らませているようだ。
 そのなかで、表彰台のトップに予想したのが、坂本だ。北京五輪で銅メダルに輝いた日本のエースを「おそらく最大の優勝候補だろう」と評したウォン氏は、「シーズンを通して、彼女のプログラムは開花している」と言及。とりわけ北京の演技内容には、「人生最高のスケーティングを見せてくれた」と絶賛の言葉を送っている。

 また、五輪初出場から5位入賞を果たした樋口は、今大会の銀メダルと予想し、「五輪ではトリプルアクセルを成功させた5人のうちの1人となった」と記録を回顧。「サカモトと互角に渡り合えるかは、トリプルアクセルの安定感にかかっている」と期待を寄せた。

 なお、今大会で日本勢が金メダルに輝けば、2014年の浅田真央さん以来、8年ぶりの快挙となる。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】北京五輪で露呈したトゥルソワの“制御不能”ぶり。元五輪王者は「コーチの言うことを聞こうとしない」と苦言!

【北京五輪PHOTO】号泣するワリエワ…さまざまな感情が交錯する、女子シングル「キス&クライ」の様子を一挙紹介!

【関連記事】「二流大会だ」シェルバコワ&トゥルソワ不在の世界選手権に露紙が不満!「4回転のオンパレードは期待しない方がいい」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?