【名馬列伝】皇帝が送り出した天才、トウカイテイオー。無敗の二冠制覇も骨折に泣く【前編】

【名馬列伝】皇帝が送り出した天才、トウカイテイオー。無敗の二冠制覇も骨折に泣く【前編】

圧巻の強さで二冠を達成したトウカイテイオーだが、その後は故障に悩まされることに…。写真:産経新聞社

戦後初の三冠馬シンザンと並んで、長年にわたり日本競馬における最強馬と評されたシンボリルドルフ。神聖ローマ帝国の”皇帝”ルドルフから名付けられた日本競馬屈指のこの優駿が、種牡馬として初年度から送り出したのが、ファンから”帝王”の呼び名でリスペクトされたトウカイテイオーである。

【関連動画】無敗での二冠達成!トウカイテイオーが圧巻の強さを見せつけた1991年ダービーのレース映像

 母トウカイナチュラル(その父ナイスダンサー)が産み落としたシンボリルドルフの牡駒は、北海道・浦河の育成場を経て、栗東トレーニングセンターの松元省一厩舎へ預けられた。

 さっそく調教が始められると、彼にまたがった厩舎スタッフはみなその柔らかくもバネ効いたフットワークに驚いた。なかには「とうとうウチにダービー馬が来た」と欣喜する人もいたという。

 トウカイテイオーの代名詞ともなった弾むような歩様は、彼の繋(つなぎ=蹄の上部でクッションの働きをする部位)の異常なまでの柔らかさに原因があった。
  こうした歩様だが、一般的には鶏の歩き方に似ていることから名付けられた「鶏跛」(けいは)と呼ばれる”異常歩様”の一種とされていた。しかしトウカイテイオーは微妙なバランスのなかでその”異常さ”を強みにかえて、類稀な走力、推進力を生み出していたのである。

 シンボリルドルフに惚れ込んで撮影を続けていた写真家の今井寿惠(故人)は、関係者から「ルドルフの仔にすごい馬がいる」との連絡を受けて、デビューの新馬戦(芝1800m)戦が行なわれる中京競馬場へ駆けつけ、期待を込めながらスタートの瞬間を待った。

 その目前で、トウカイテイオーは目を見張る走りを見せる。

 雨で不良馬場となったことをものともせず、後方から徐々に位置を上げると直線に向いて素晴らしいフットワークで先団を一気に抜き去り、最後は鞍上の安田隆行が手綱を抑えたまま後続に4馬身(0秒7)の差を付けて快勝した。

 このレースをファインダー越しに見て、「これはただものじゃない」と、”皇帝”が”帝王”を生み出した喜びを興した口ぶりで話したシーンを、当時は競馬雑誌の編集者だった筆者はよく覚えている。
  その後はシクラメンステークス(500万下、京都・芝2000m)、若駒ステークス(OP、京都・芝2000m)を圧勝すると、皐月賞(GⅠ、中山・芝2000m)と同じ舞台と距離で行なわれるために”試走”として参戦した指定オープンの若葉ステークスも馬なりで快勝。無敗のままでクラシック本番を迎えた。

 一冠目、稍重となった皐月賞だったが、馬場状態の悪化などものともせず、中団から徐々に位置を押し上げるとラクラクと先頭に立ち、2着に1馬身差をつけて第一関門を無事に通過。このときの2着が、シンボリルドルフの前年にクラシック三冠を制したミスターシービーの仔、シャコーグレイドだったこともファンを感激させた。

 そして迎えた日本ダービー(GⅠ、東京・芝2400m)。トウカイテイオーの単勝は1.6倍という圧倒的なもので、トライアルレースの青葉賞(GⅡ、東京・芝2400m)を名手・岡部幸雄騎手の導きで制したレオダーバンが2番人気に推されたが、そのオッズは6.1倍と大きな開きがあり、3番人気以下は10倍以上のオッズを示していた。

 レースはまたしても完璧なものになった。
  大外20番枠からのスタートがやや不安視されたものの、難なく先団の後ろ目に取り付くと、あとは全戦でコンビを組んできた鞍上の安田隆行騎手とピタリと折り合って進み、4コーナーの手前から馬の行く気に任せて徐々に位置を上げ、勝負の直線へ向いた。

 するとあとはトウカイテイオーの独壇場となった。手綱を抑えられたままで先頭に立ち、ステッキを一つ入れられるとあっという間に後続を突き放し、中団から追い上げてきたレオダーバンに3馬身もの差を付ける楽勝で二冠を達成した。

 しかし、トウカイテイオーの飛びぬけてパワフルなステップは、競走相手を叩きのめす武器であると同時に、時として自らの肉体にもダメージを与えてしまう。

 レース後、ついさっき誕生したばかりの二冠馬が厩舎へ引き揚げる際に少し歩様の乱れが見られたため、すぐに診療所でレントゲン検査が行なわれた。結果は左後肢の第3指骨々切で、全治は6か月と判明。なかば確実とも思われた親子二代の三冠馬誕生の夢はあえなくついえた。
  無敗の二冠馬が戦列に復帰したのは翌春、GⅡ時代の大阪杯(阪神・芝2000m)だった。鞍上はシンボリルドルフの全戦で手綱をとった岡部幸雄騎手にスイッチ。調教でまたがった彼の「地の果てまでも走れそう」というコメントが、ターフへの復帰を心待ちにしていたファンの夢を一段と盛り上げることになった。

 そしてここでもまたトウカイテイオーは恐るべき強さを見せる。

 道中3番手を進んで”持ったまま”で直線へ向き、鞍上のゴーサインを受けると一気に加速。往時の跳ねるようなフットワークで突き抜けると、余裕の手応えでゴールした。

 復帰戦で満点以上の滑り出しで飾ったトウカイテイオーが臨むのは天皇賞・春(GⅠ、京都・芝3200m)。そこには、距離的に未知の領域へ踏み出すという意味のほかに、もうひとつの壁がそびえていた。

 武豊騎手とのコンビで、中長距離戦線において”絶対王者”とも呼ばれていた前年の覇者、メジロマックイーンである。
 「辛口の岡部が褒めるテイオーのほうが強いに決まっている」
「菊花賞、春の天皇賞に勝っているマックイーンにかなう馬はいない」

 戦前、ファンが二手に分かれて喧々諤々の議論が交わされるなか、迎えた天皇賞。単勝オッズは、トウカイテイオーが1.5倍、メジロマックイーンが2.2倍と、テイオーがマックイーンの人気を上回って、未曽有の熱狂のなかで大一番を迎えた。

 しかし、競馬史上屈指の好カードは意外なほどあっさりと決着が着いた。
 2周目の4コーナーでマックイーンが仕掛け、それにテイオーが並びかけたシーンで熱気は最高潮に上り詰めたが、テイオーの見せ場はそこまで。たくましく脚を伸ばすマックイーンにみるみる差を広げられ、1秒7差の5着に沈んでしまった。

 生涯初の敗戦から10日後のこと。右前肢の剥離骨折が判明し、一敗地にまみれたヒーローは再度の休養を強いられることになってしまった。

文●三好達彦

【名馬列伝】ナリタブライアンはどれだけ”強かった”のか?「シャドーロールの怪物」が歩んだ”かなり異質”な三冠への道のり

【名馬列伝】競馬の枠を超えたディープインパクトの衝撃。その「成功」はまさに唯一無二

【名馬列伝】『みじかくも美しく燃え』たサイレンススズカ。“伝説“から“悲劇“へと急転した、鮮烈すぎる2年弱の競争馬生

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?