F1第2戦決勝、角田裕毅はグリッドにすら並べず失望と苛立ち。各国メディアは「悪夢の週末」「災難」「かわいそう」と同情

F1第2戦決勝、角田裕毅はグリッドにすら並べず失望と苛立ち。各国メディアは「悪夢の週末」「災難」「かわいそう」と同情

サウジアラビア・グランプリ決勝、アルファタウリの角田はスタートすることなくレースを終えることに。(C) Getty Images

F1サウジアラビア・グランプリは3月27日に決勝が行なわれたが、アルファタウリの角田裕毅はマシントラブルにより、レコノサンスラップ中に車を降りることを余儀なくされ、スタートすることなくレースを終えることとなった。
  今週末は、フリー走行2回目の終わりに駆動系のトラブルが起き、予選ではQ1に臨むためコースに出たところでウォーターシステムの異常を示してピットインし、結局走行できないまま決勝での最後尾スタートが決まっていた角田。予選後は「難しいレースになるが、ベストを尽くす」と気を取り直してレースへの意気込みを語っていたが、残念ながらスターティンググリッドに着くことすら叶わなかった……。

「エンジンロスト」と無線でチームに伝えた後、力を失った「AT03」をエスケープゾーンに停めた彼は、自身のSNSに日本語で「残念ながら予選に続きトラブルで終わってしまいました。チームと共に前向いて改善していきます!」、英語で「Arrrgghhh(失望や苛立ちの表現)…あまりに早くレースが終わりました。予選も走れず、難しい週末となってしまいました――」と投稿。また、チームの公式サイトでも「信頼性の問題で、我々の週末はとても苛立たしいものとなりました」と語り、以下のように続けた。

「予選で走れなかったのに続き、今日はグリッドに着く前におそらく駆動系に問題が起きました。このコースはバーレーンと比べても我々の車に合っていたと思うし、ピエール(・ガスリー)のQ3まで進んだ予選のパフォーマンスや今日のレース(8位入賞)からも、良いペースを示せていたはずです」

「とても残念です。中位争いはとてもタイトになると思われ、毎戦でポイントをコンスタントに獲得できるかが重要になってきます。今日はそれを逃してしまいました。しかし、こういうことも起こり得るものであり、(次戦の)オーストラリアで力強くカムバックできればと思います」

 また、レース後のインタビューでは「問題がどこにあるかを調査する必要がありますが、こういったことが連続して発生したのは、とても残念です。このようなことを続けているわけにはいかず、できるだけ早く解決しなければなりません。今日は、19番グリッド(最後尾)からスタートしたとしても、何かが起こり、ポイントを獲得できた可能性もあります」と語っている(英国の専門メディア『wtf1.』より)。

【関連記事】2022年型F1マシンのカラーリングを蘭専門メディアが格付け!角田裕毅のアルファタウリは何位? これに対し、アルファタウリのテクニカルディレクター、ジョディ・エギントンは「駆動系の問題でスタートできなかったユウキについては、言葉がない。我々全員が苛立ちを感じており、この問題を確実に解決するために多くの分析を行なう必要がある」とのコメントを残し、フランツ・トスト代表は「ユウキの車は油圧に問題があったため、レースを取りやめなければならなかった」と明かし、「難しいレースだった。車がグリッドに着けない時は、いつも失望が大きい」と心情を吐露した。
  F1公式サイト『F1.com』は「角田のグリッドに到達する前のメカニカルトラブルは、(前日のクラッシュで欠場が決まった)ミック・シューマッハーに続いての不在となり、レースは18台だけで行なわれることを意味した」と伝え、オランダのF1専門メディア『GPTODAY』は「角田は沈黙」と題した記事で、「ミックのクラッシュの後、レースでの混沌とした争いを愛する人々にとっては、さらなる悪いニュースがもたらされた」と報じた。

 同じくオランダの『RN365』は「悪夢の週末、角田はレース前に脱落」と報道。『RaceXpress』は「角田は予選でアクションを起こすことはなく最後尾からのスタートに。これ以上の悪いことはもう起きないと思われたが、それは起こった」、『F1MAXIMAAL.NL』は「レッドブル・パワートレインズの2週連続の問題。先週末、角田はトラブルから唯一逃れたが、今回は彼の番だった」と綴っている。

 前述の『wtf1.』は「かわいそうなユウキ。彼は今週末、幸運を掴むことができなかった」「オーストラリアでは、彼に幸運が訪れることを祈る」と同情し、イタリアの自動車専門メディア『MOTORIONLINE』は「角田の災難」「彼にとって忘れるべき週末」「予選から続けてトラブルに見舞われたAT03はグリッドにすら並べず、日本人ドライバーはリタイアを余儀なくされた」と報じた。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】中嶋&亜久里以来3例目! 31年ぶりの「アジア人F1ドライバー2名同時入賞」を海外メディアも「歴史的偉業」と注目

【関連記事】「とにかく問題が多すぎ」 角田裕毅、マシントラブルで予選走行できず苛立ち!? 海外専門メディアは「信頼性に腹を立てている」と綴る

関連記事(外部サイト)