【大阪杯プレビュー】“王者”エフフォーリアに挑む対抗馬2頭。そのポイントを比較・分析!

【大阪杯プレビュー】“王者”エフフォーリアに挑む対抗馬2頭。そのポイントを比較・分析!

昨年の年度代表馬に選出されたエフフォーリア。満を持しての始動となる。写真:産経新聞社

春の古馬・中長距離路線の幕開けとなる大阪杯(GⅠ、芝2000m)が4月3日、阪神競馬場で行われる。

 いよいよ昨年の年度代表馬に選出されたエフフォーリア(牡4歳/美浦・鹿戸雄一厩舎)が満を持して始動。また、昨秋から5連勝で金鯱賞(GⅡ、中京・芝2000m)を制して期待の新星となったジャックドール(牡4歳/栗東・藤岡健一厩舎)に、昨年の本レースを制したレイパパレ(牝5歳/栗東・高野友和厩舎)も加わり、興味が一段と高まった。

 そこで今回のGⅠプレビューはこの3頭に絞って、そのストロングポイント、ウィークポイントを比較し、勝負の行方を占ってみることとした。

 なお、近畿地方はレース当日に「曇ときどき晴」の予報が出ているため、道悪の巧拙も比較対象に加えてみた。
 〔エフフォーリア〕
 昨年は無敗の4連勝で皐月賞(GⅠ、中山・芝2000m)を圧勝。日本ダービー(GⅠ、東京・芝2400m)こそハナ差の2着に惜敗したが、秋には前年の三冠馬コントレイルらを降して天皇賞(GⅠ、東京・芝2000m)を制すると、返す刀で菊花賞馬のタイトルホルダーを破って有馬記念(GⅠ、中山・芝2500m)を快勝した。この結果を受けてJRA賞年度代表馬にも選出され、文字どおり”現役最強”の座に就いた。

 能力を疑う余地はなく、休み明けも昨年は5か月ぶりのレースとなった天皇賞(秋)を制しており、心配材料とはなるまい。

 敢えて不安材料を探せば、今回が初の関西遠征となることだろう。

 だが鹿戸調教師は、
「最近は輸送でもおとなしくなって問題はありません。1日早く阪神(競馬場)へ入り、スクーリングさせようと思っています」
 と述べ、その点はほとんど気にしていない様子である。1週前追い切りで強めに攻めて、今秋の最終追い切りは3頭併せで気合をつけるという、これまでとは違った仕上げで4つ目のGⅠ取りに臨む。

 道悪に関しては、稍重の皐月賞で2着を3馬身も千切る圧勝を飾っていることから、極度に悪化しない限りはこなせるだろう。
 〔ジャックドール〕
 ある意味、今年の大阪杯のキーホースとなるのがジャックドールだ。

 昨春は体質の弱さもあってクラシック戦線には加われずじまいだったが、休養を経て成長。9月に1勝クラスで復帰して勝利を収めると、5連勝で金鯱賞を制して重賞初勝利を収めた。これはレコードタイムを叩き出したことに加え、レイパパレに2馬身半の差を付けてのものだけに価値は極めて高い。

 ジャックドールのストロングポイントは、持ち前のスピードを生かしての思い切った逃げ。スタートから飛び出して先頭に立つと、直線でさらに後続を突き放した金鯱賞の勝ちっぷりから、早くも”令和のサイレンススズカ”との声も聞こえている。

 やはりGⅠ初挑戦という点は気になるうえ、昨年の大阪杯を逃げ切ったレイパパレとの兼ね合いもテーマにはなるだろうが、スピード能力はGⅠでもけっして見劣りしない。まさに”試金石”となる一戦だ。

 道悪に関しては、デビュー戦(2着)で経験した「稍重」の一度のみで、タフなコンディションへの対応力は未知数である。
〔レイパパレ〕
 昨年は、当時の”女王”クロノジェネシスらをぶっ千切り、2着のモズベッロに4馬身もの差を付ける圧勝を飾ってファンの度肝を抜いたレイパパレだが、その後は宝塚記念(GⅠ、阪神・芝2200m)の3着はあったものの、前走の金鯱賞までの5戦は勝利に見放されている。

 今回も手綱をとる川田将雅騎手が共同記者会見で、
「昨年は特殊な馬場状態になったことや、いろいろな面がこの馬にとって有利に働いた」
 と語ったように、やや恵まれた面があったのは確かだろう。また高野調教師も、
「昨年は完全なチャレンジャーでしたし、ことしも年度代表馬や負けたことがある馬もいますから、構図的にはチャレンジャーだと思います」
 と述べる冷静な一面を見せた。

 しかし一方では、
「昨年の勝ち馬にそんな言い方は失礼だと思うので、自分としては『受けて立ちます』という気持ちで調整してきました」
 と、愛馬へのリスペクトも欠かさない。

 もし、他馬が苦労するほどの道悪になったなら、浮上してくるのは間違いないのが本馬。あとは当日の馬場状態を見てからの判断となるだろう。
 〔結論〕
 エフフォーリアの優位は、よほどの道悪にならない限りは揺るがないのではないか。また、同型のレイパパレは控える可能性が高く、マイペースの逃げが予想されるジャックドールも展開の利がある。人気でもこの2頭を中心視せざるを得まい。

 2連系、3連系の馬券で勝負する方が多いだろうが、2着付け、3着付けで狙うならば、馬場状態が悪化した際のアカイイト(牝5歳/栗東・中竹和也厩舎)。また、昨秋の香港カップ(GⅠ、シャティン・芝2000m)で2着に食い込んでポテンシャルの高さをあらためて認識させたヒシイグアス(牡6歳/美浦・堀宣行厩舎)になるだろう。

 まずは、今年の中央競馬を背負っていくであろうエフフォーリアの走りを存分に楽しむ。今回の大阪杯はそういうレースではないかと筆者は考えている。

文●三好達彦

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?