FP1では同僚を上回った角田裕毅、初体験のメルボルンで好感触! 伊専門メディアは「非常に良い1日」と評価

FP1では同僚を上回った角田裕毅、初体験のメルボルンで好感触! 伊専門メディアは「非常に良い1日」と評価

初めての豪州GPに挑む角田がどのような戦いを見せてくれるのか楽しみだ。(C) Getty Images

F1第3戦のオーストラリア・グランプリが開幕。4月8日にアルバートパーク・サーキットで2度のフリー走行(FP)が行なわれた。

 過去2年間はコロナ禍で中止を余儀なくされたオセアニアで唯一のGPが復活。昨季にF1デビューを果たしたアルファタウリの角田裕毅にとっては、初めてのコースだったが、FP1では26周を走行してベストタイムは全体の11番目となる1分21秒289で、チームメイトのピエール・ガスリー(1分21秒701で14番手)を上回った。
  続くFP2では全ドライバー中最多の30周回を重ね、1分20秒424(12番手)を計測(ガスリーは1分20秒142で9番手)。第2戦サウジアラビアGPではマシントラブルが続発し、予選、決勝ともに出走すら叶わなかった角田は、今GPではパワーユニットのICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kを使用上限となる3基目に交換(次に交換が生じた場合はグリッド降格ペナルティーの対象となる)してコースに出たが、初日は問題なく、走行を終えた。

 失意の週末から2週間後、ドライビングが待ち切れないと語っていた21歳は、SNSで「このコースと現地ファンとの時間を楽しんでいます」と投稿した他、チームの公式サイトで「このコースを走るのは本当に楽しかったです。初めてのコースなので、前回までとの違いは分かりませんが、すぐに自信がつきました。早い段階でペースは良かったし、今日一日の流れについても、とても満足しています」とポジティブに初日を振り返り、以下のように続けている。

「我々は車の限界を理解しているし、車の正しいセットアップを見つけるために、正しい方向に進んでいると思います。僕自身、改善できる点がまだ幾つもあるので、明日、車のパフォーマンスを最大限に引き出せるように、どのようにして全てをまとめていくかを確認します」

 さらに走行後のインタビューでは、他に「まだやるべきことが多くありますが、2台とも良い車で、多くの良いデータが収集できたことを嬉しく思います」と良い点を挙げる一方で、ライバルに比べてダウンフォースの面で劣っていることも指摘した角田について、チームはSNSで「ユウキはメルボルンのサーキットを覚えるのに、多くの時間を要しなかった」と綴り、そのパフォーマンスをポジティブに評した。
  なお、チーフ・レースエンジニアのジョナサン・エッドルスは、初日の目的が、新たな舗装が施された路面がタイヤにいかなる影響を与えるか、また予選で初めて使用される最も柔らかいC5タイヤがいかなる効果を発揮するかを確認することにあったと明かし、以下のように今後に向けての展望も示している。
 「このコンパウドでのショートランからは、学ぶべきことがたくさんあった。また、FP1ではエアロコンポーネントのテストからも多くのものが得られ、それをFP2のセットアップにも反映させた。全体的なパフォーマンスは期待通りだった。我々は中団争いに臨むが、今日のテストから見るに、ドライバーたちがリズムに乗るには通常よりも困難が伴う。我々は予選の準備のために、FP3で改善に取り組むつもりだ」

 一方、メディアの反応を見ると、イタリアの自動車専門メディア『MOTORIONLINE』は「オーストラリア・デビューの日本人ドライバーは、新しいコースを勉強する必要があったが、ファエンツァのチームが幾つかの困難に直面する中、FP1でチームメイトに先んじて11番手につけ、午後は12番手。予選を視野に入れ、コースのフィーリングを向上させることを目指したユウキにとって、非常に良い1日だった」と報じた。

 金曜日の合同記者会見(ルイス・ハミルトン、マックス・フェルスタッペン、ランド・ノリス、ヴァルテリ・ボッタスとともに出席)では、AT03への信頼性に関する質問を受けて「昨季の力強さを考えると、驚いています。ただ、シーズンの後半になってからではなく、今のうちに問題が明らかになることは良いことです」と答えた角田だが(F1公式サイトより)、初体験のメルボルンのコースでは、車の不具合に悩まされることなく、存分に能力を発揮できることを期待したいところだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】角田裕毅、初体験の豪州GPに自信! 修学旅行以来となる地での「最優先事項」も明かす

【関連記事】苦戦する“世界王者”ハミルトンに元ドライバーが「必ずカムバックする」と信頼!

【関連記事】F1開幕戦、角田裕毅の8位入賞を海外メディアはどう報じたのか?

関連記事(外部サイト)