「シーズン・トリプルダブルのラスを必要としなかった」デイビスがウエストブルック不発の要因を分析<DUNKSHOOT>

「シーズン・トリプルダブルのラスを必要としなかった」デイビスがウエストブルック不発の要因を分析<DUNKSHOOT>

ついに最後までフィットできなかったウエストブルック。その要因をデイビスはどう考えたのか。(C)Getty Images

現地時間4月10日(日本時間11日、日付は以下同)、NBAは今季のレギュラーシーズンの全日程が終了。ロサンゼルス・レイカーズは33勝49敗(勝率40.2%)の成績でウエスタン・カンファレンス11位、プレーオフ進出を逃し一足早く2021−22シーズンを終えた。

 レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルックのビッグ3にカーメロ・アンソニーやドワイト・ハワードらビッグネームが揃い、開幕前には優勝候補の最右翼とまで言われたレイカーズ。一方で、ケミストリーの構築に苦戦し、頂点には立てないと予想する声も多くあった。だが、まさかプレーイン・トーナメントにすら進めないとは誰も思わなかったはずだ。

 なぜ彼らは期待を大きく裏切ったのか。その理由は様々に考えられるが、ひとつは新加入のウエストブルックが機能しなかったことが挙げられる。このスターPGがフィットしなかった要因について、ビッグ3の一角であるデイビスは、シーズン最終戦前の会見でこう分析していた。
 「ラスがOKC(オクラホマシティ・サンダー)やDC(ワシントン・ウィザーズ)にいた時、人々は彼がどのようにプレーしていたかを色々と見てきた。ふたつのまったく異なるチーム……いや、(ヒューストン・ロケッツ含めた)3つのまったく異なるチームでね。OKC時代のラスはシーズン・トリプルダブルを達成したが、今年の我々は必ずしもそれを必要としなかった。DCでも同じ。ブラッド・ビール(ブラッドリー・ビール)の欠場によりラスが1人になったため、彼中心のラインナップが組まれた。

 我々はそのラスを必要としなかったんだ。だからみんな――俺もここに来た時、ブロン(レブロンの愛称)と共闘するために、以前(ニューオリンズ・ペリカンズ時代)と同じようなプレーはしなかった。ブロンも変わらなければいけなかったし、みんな変わらなきゃならなかったのさ」

 スター揃いのレイカーズにおいては、周囲と共存するためにプレースタイルを変化させる必要があったが、ウエストブルックは上手く適応できず。シーズン終盤になって若干の変化の兆しが見られたが、それが逆にウエストブルックの全力プレーの妨げとなり、彼自身の魅力を半減させる悪循環にも陥っていった。
  さらにデイビスは、タレント集団のなかでプレーする難しさについて、続けてこう語った。

「誰もが犠牲を払わなければならなかったんだ。彼がそれに適応するのは難しいことだった。俺もブロンほどの実力者と一緒にプレーするのは初めてだったから、最初はアジャストするのに苦労したよ。これまでは『オーケー、ここはAD(デイビスの愛称)にボールを入れればなんとかなる』という環境にいたからね。

 ブロンは自らボールをコントロールすることに慣れているし、ラスもそう。だから共存しようとするのに時間がかかるんだ。それに俺が抜けたりブロンが欠場したりで時間も足りなかった。ラスのせいじゃないのに、彼はファンやメディアから多くの批判を浴びてしまったんだ」
  不振に終わったスターPG(ポイントガード)を擁護したデイビス。そのウエストブルックは来季の契約がプレーヤーオプションとなっているほか、フランク・ヴォーゲルHC(ヘッドコーチ)の更迭を確実視する報道も出ており、今オフはチームの陣容が様変わりする可能性もある。はたしてリーグ屈指の名門球団は来季、復活することができるのだろうか。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】37歳を迎えても未だ衰え知らず!NBAの“キング”レブロン・ジェームズ特集!

関連記事(外部サイト)