「誰かが裏で糸を引いてる?」昨季に続き豪華スターが激突するプレーインをアービングは“邪推”しつつも「凄く楽しみ」<DUNKSHOOT>

「誰かが裏で糸を引いてる?」昨季に続き豪華スターが激突するプレーインをアービングは“邪推”しつつも「凄く楽しみ」<DUNKSHOOT>

初のプレーイン参戦に、アービングは気を引き締めつつも「楽しみ」と語った。(C)Getty Images

現地時間4月10日(日本時間11日、日付は以下同)、インディアナ・ペイサーズとの一戦に臨んだブルックリン・ネッツは、134−126でハイスコアゲームで制し、44勝38敗(勝率53.7%)で今季レギュラーシーズンを終えた。

 この試合ではカイリー・アービングがゲームハイの35得点に7リバウンド、5アシストをマークしたほか、ブルース・ブラウンが21得点、7リバウンド、3スティール、2ブロック、アンドレ・ドラモンドが20得点、13リバウンド、2ブロックを記録。またケビン・デュラントはトリプルダブル(20得点、10リバウンド、16アシスト)を達成し、シーズン最終戦の勝利に貢献した。

 この日はクリーブランド・キャバリアーズも133−115でミルウォーキー・バックスを下し、44勝38敗の成績でシーズン終了。勝率で並んだものの、直接対決の戦績で3勝1敗で勝ち越していたため、ネッツがイースタン・カンファレンス7位、キャブズが同8位となった。
  ネッツは今季残り試合の欠場が決定しているジョー・ハリス(足首)以外にも、セス・カリー(足首)、ゴラン・ドラギッチ(新型コロナウイルスの安全衛生プロトコル)、ベン・シモンズ(背中の椎間板ヘルニア)がペイサーズ戦を欠場。12日から幕を開けるプレーイン・トーナメントで彼らが復帰できるかどうかは微妙のため、現有戦力でプレーオフへの切符を勝ち取らなければならない。

 ネッツがプレーオフへと駒を進めるためには、12日に行なわれるホームでのキャバリアーズ戦に勝利するか、敗れた場合はシャーロット・ホーネッツとアトランタ・ホークスの勝者と激突する15日の試合に勝利しなければならない。

 昨季のプレーインでは、ロサンゼルス・レイカーズとゴールデンステイト・ウォリアーズが激突し、レブロン・ジェームズvsステフィン・カリーという超豪華なスーパースター対決が一発勝負の舞台で実現。今季もイーストではデュラントとアービングのほか、トレイ・ヤング(ホークス)、ラメロ・ボール(ホーネッツ)といった若きオールスターガードが、ウエスタン・カンファレンスもカール・アンソニー・タウンズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)やポール・ジョージ(ロサンゼルス・クリッパーズ)ら実力者たちが参戦する。
 「プレーイン・トーナメントのために誰かが裏で糸を引いているんじゃないかって思うね。だって昨年はステフ(ステフィン・カリーの愛称)とレブロン、今年は僕とKD(デュラントの愛称)がキャブズと対戦する。ウエスタン・カンファレンスではミネソタとクリッパーズがぶつかるんだ。もうまるで誰かが(このトーナメントを)上手くいくように働きかけているんじゃないかと推測してしまうよ」

 ペイサーズ戦後にそう口にしたアービングにとって、プレーインは初の経験。4戦先勝のシリーズ制のプレーオフと異なり、プレーインは上位チームのホームアリーナで開催される一発勝負となるわけだが、アービングもその厳しさを十分に理解しているようだ。

「競争者として、(プレーオフの)第6戦や第5戦、第7戦のようなものだと見ている。マストウィン・ゲームってやつさ。そういう試合では何が起こるかわからないもの。すべてのことに備えなきゃいけない。相手がどれだけ素晴らしいチームであろうと恐れない姿勢が大事になってくる。だから僕は楽しみにしているよ」
  アービングはキャブズ時代の2016年にNBAチャンピオンとなったほか、アメリカ代表として国際大会も制しており、2014年のFIBAワールドカップ、2016年のリオデジャネイロ・オリンピックでそれぞれ金メダルを獲得してきた。予選リーグこそあるものの、国際大会は準々決勝以降で一発勝負が展開されることから、その経験がプレーインの舞台で生きてくるかもしれない。

 もっとも、アービングとしては「正直なところ、この3シーズンで経験できなかったから、僕はそれをすごく望んでいたんだ」と、ポストシーズンでプレーすることに飢えていたという。一昨季は肩のケガのためレギュラーシーズン途中で戦線離脱、昨季はプレーオフへ出場するも、バックスとのカンファレンス・セミファイナル第4戦で右足首を痛めたことで途中離脱しており、最後までプレーオフを戦い抜くことができなかったからだ。

 ネッツにはデュラント&アービングという、それぞれが1試合50得点も可能なスーパースコアラーが2人もいることから、相手チームにとって脅威なのは間違いない。はたしてネッツはプレーインを勝ち上がり、プレーオフへと駒を進めることができるのか。まずはキャブズとの一発勝負の行方に注目したい。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】”天才スコアラー”ケビン・デュラントの厳選ショット!

関連記事(外部サイト)