「プレーオフチームになる」ポルジンギスが来季のウィザーズに期待!今夏の補強ポイントはPG?<DUNKSHOOT>

「プレーオフチームになる」ポルジンギスが来季のウィザーズに期待!今夏の補強ポイントはPG?<DUNKSHOOT>

今年2月に加入したポルジンギスは平均22.1点、8.8リバウンド、2.9アシスト、1.5ブロックと奮闘。来季はビールとのコンビが期待される。(C)Getty Images

ワシントン・ウィザーズは今季、5勝1敗の好スタートを切り、一時は10勝3敗でイースタン・カンファレンス首位に立っていた。

 だがそこから成績は徐々に下降していき、昨年12月以降の月間戦績はいずれも負け越し。プレーイン・トーナメント参戦を目指して迎えたオールスターブレイク後も6連敗を喫するなど黒星が先行してしまい、8勝15敗と巻き返すことができず、イースト12位の35勝47敗(勝率42.7%)で今季を終えた。

 今季のウィザーズは2月のトレード・デッドラインでアーロン・ホリデーをフェニックス・サンズへ差し出して金銭、モントレズ・ハレルと引き換えにシャーロット・ホーネッツからイシュ・スミスとヴァーノン・キャリーJr.、そしてスペンサー・ディンウィディーとダービス・ベルターンスをダラス・マーベリックスに放出してクリスタプス・ポルジンギスを獲得した。

 だが生え抜きエースのブラッドリー・ビールが左手首のケガのため1月を最後に離脱したこともあり、ポルジンギスとの共演は来季以降にお預け。それでも、カイル・クーズマやケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、八村塁、デニ・アブディヤ、コーリー・キスパート、ダニエル・ギャフォードといった主力選手は及第点の成績を残しており、ここにビールが戻れば、プレーオフ進出も十分見込めるだろう。
  来季契約がプレーヤーオプションのビールが残留するのであれば、ポルジンギスは「プレーオフチームになると言っておくよ」と来季のウィザーズに期待を膨らませていた。

 ヒザの骨挫傷のため、ウィザーズ加入後の出場試合数こそ17試合に終わったものの、ポルジンギスは平均28.2分のプレータイムで22.1点、8.8リバウンド、2.9アシスト、1.5ブロックと上々のパフォーマンスを見せており、彼とビールがコンビを組めば相手にとって大きな脅威となるだろう。

 そこで気になるのは彼らをコントロールするポイントガード(PG)の存在だ。ディンウィディー放出後、ウィザーズはハウル・ネト、スミス、途中加入のトーマス・サトランスキーが務めたが、いずれも先発としては物足りず、来季も契約下にいるのはスミスのみ。ポルジンギスはチームの現状と求めるPG像についてこう話している。

「このチームにはオフェンス面で才能のあるいいスコアラーがたくさんいると思う。ブラッドが残ってくれたら彼もそうだし、ポープにクーズマ。クーズはクリエーターとしてもいい選手だし、僕もいる。だからオフェンスで本当にうまく引っ張ることができて、アグレッシブになれる存在、チームメイトたちをクリエイトして皆のゲームを高めることができる選手がいるといいね」
  今夏のフリーエージェント(FA)戦線で人気を集めそうなPGとしては、ジェイレン・ブランソン(マブズ/制限なし)、コリン・セクストン(クリーブランド・キャバリアーズ/制限付き)、パティ・ミルズ(ブルックリン・ネッツ/プレーヤーオプション)といった名前が挙がる。

 そのほかでは元ウィザーズのジョン・ウォール(ヒューストン・ロケッツ)やラッセル・ウエストブルック(ロサンゼルス・レイカーズ)がプレーヤーオプションを破棄して制限なしFAとなり、安価で契約可能ならば彼らもターゲットとなるかもしれない。
  また、サトランスキーと再契約することも選択肢のひとつだろう。ポルジンギスはチェコ代表の司令塔について、「僕らが一緒にプレーしていた時は最高の仕事をしていたよ。次のシーズンで誰がPGになるのかは様子見ではあるけど、たぶん彼ならこのチームにうまくフィットするんじゃないかな」と高く評価していた。

 NBAは12日からプレーイン・トーナメント、16日から今季のチャンピオンを決めるプレーオフがスタートするのだが、ポストシーズン進出を逃したチームにとっては水面下で来季に向けた戦いが始まっている。そこでウィザーズはどんな動きを見せるのかに注目していきたい。

文●秋山裕之(フリーライター)
 

関連記事(外部サイト)