カリーがプレーオフ初戦の復帰に前進。1回戦で激突するヨキッチは相手エースを称賛「彼は頭脳明晰」<DUNKSHOOT>

カリーがプレーオフ初戦の復帰に前進。1回戦で激突するヨキッチは相手エースを称賛「彼は頭脳明晰」<DUNKSHOOT>

16日から始まるプレーオフ1回戦で戦うウォリアーズとナゲッツ。MVP経験者のヨキッチとカリーのバトルに注目が集まる。(C)Getty Images

NBAは現地時間4月10日にレギュラーシーズンの幕を下ろし、12日からプレーイン・トーナメントがスタート。そして16日から今季のチャンピオンシップをかけたプレーオフが始まる。

 今季53勝29敗(勝率64.6%)でウエスタン・カンファレンス3位のゴールデンステイト・ウォリアーズは、3シーズンぶりにプレーオフへと返り咲き、16日に同6位のデンバー・ナゲッツ(48勝34敗/勝率58.5%)とのファーストラウンド初戦を迎える。

 ウォリアーズにとって朗報なのは、13日のチーム練習にステフィン・カリーが参加したことだ。3月16日のボストン・セルティックス戦で左足の靭帯を捻挫し、シーズン最後の12試合を欠場していた大黒柱は約1か月ぶりにチーム練習をこなし、翌日にコンディション面で問題がなければスクリメージ(練習試合)にも加わるという。シリーズ初戦で復帰する可能性もありそうだ。
  両チームの今季直接対決の戦績はナゲッツの3勝1敗。そのうち12月28日の試合は89−86のロースコア、2月16日の一戦では終盤までもつれた末にモンテ・モリスの決勝ブザービーターによりナゲッツが117−116で勝利を飾っている。

 また、昨季のリーグMVPで、今季も有力候補として挙がっているニコラ・ヨキッチは、今季のウォリアーズ戦で平均28.0点、15.8リバウンド、8.8アシストを記録。シーズン平均の27.1点、13.8リバウンド、7.9アシストを上回っており、ウォリアーズにとっては、この万能型ビッグマンをスローダウンさせることが、シリーズを制するうえでマストとなる。

 もっとも、211cm・129kgのヨキッチに対して、ウォリアーズのセンター陣は206cmのケボン・ルーニーと208cmのネマニャ・ビエリツァしかおらず、高さの面で不利。スティーブ・カーHCも「彼は1対1で得点できて、見事なパサーでもある」と警戒しつつも、「我々にとって重要なのは、簡単にやられないこと」と相手の“ポイントセンター”を抑え込むプランを練っていると明かした。
  一方のナゲッツは、カリーがシリーズ初戦から出場してくることも想定して準備しているようだ。今季のナゲッツ戦で平均27.3点、フィールドゴール成功率48.2%を残す彼がプレーするかどうかで、両チームのゲームプランが大きく変わることは間違いない。

 ヨキッチは「だってステフ・カリーだからね。僕は皆にしつこく言っているんだ。彼のプレーを観るのが好きじゃない人は、きっとバスケットボールを観るのを好んでいないってことさ」と相手のエースを称え、さらにこう続けている。
 「彼は頭脳明晰なプレーをする。時々、僕は『あのプレーを見てくれよ』と立ち止まってしまうくらいさ。でも神様には『彼のショットが落ち続けてくれ』と願ってしまうね。とんでもない距離からプルアップで打ってくる。僕のショットじゃ、あんなところから届かないよ」

 シリーズ開幕前ということもあり、互いに相手チームの主力選手に対して通常のリスペクトをも超えたリップサービスを繰り出している部分もあるかもしれない。

 それでも、カリーとヨキッチは現在のリーグでも超一線級の選手であり、ポジションや役割も異なるだけに、両者を中心とする攻防は非常に興味深い。2013年1回戦以来となるウォリアーズvsナゲッツの戦いは、第3シードと第6シードという立場以上に見応えのあるシリーズになりそうだ。

文●秋山裕之(フリーライター)

関連記事(外部サイト)