日本格闘界に“世界”を知らしめたアーネスト・ホースト。今も色褪せないボブ・サップとの大激闘【K-1名戦士列伝】

日本格闘界に“世界”を知らしめたアーネスト・ホースト。今も色褪せないボブ・サップとの大激闘【K-1名戦士列伝】

ホーストが感情をむき出しにして立ち向かったサップ戦。この激闘は、高視聴率も記録するなど、当時のお茶の間を大いに沸かせるものとなった。写真:産経新聞社

1990年代から2000年代初頭、日本では現在を上回るほどの“格闘技ブーム”があった。リードしたのは、立ち技イベント「K-1」。その個性豊かなファイターたちの魅力を振り返る。

―――◆―――◆―――

 1990年代から2000年代前半に日本で一大ブームを巻き起こしたK-1は、完全な“予想外”から始まった。

 93年に開催された第1回K-1グランプリ。世界中から強豪が集結した8人ワンデイ・トーナメントの決勝に進出したのは、当時の日本では無名の2人だった。ひとりはブランコ・シカティック(クロアチア)。1回戦でムエタイの猛者チャンプア・ゲッソンリット(タイ)、準決勝では佐竹雅昭をKOし、のし上がった。
【動画】世界に衝撃をもたらしたバンナ戦! ホーストの圧巻KOシーン

 そんなクロアチアの雄と対峙したのが、アーネスト・ホーストだった。こちらも1回戦でピーター・アーツを下すと、準決勝ではモーリス・スミスをハイキックでKOして日本の格闘ファンに強烈なインパクトを与えていた。

 日本のエースだった佐竹の敗戦にも驚いたが、何よりもホーストの快進撃は衝撃的だった。アーツとスミスは当時のキックボクシング界でトップの存在だったのだ。

 無名同士の決勝。だが、勝ち上がり方で見せた説得力は抜群だった。両雄がヨーロッパでは実績のある選手だと理解するのに大した時間は必要なかった。

「世界にはとんでもなく強い選手がまだまだいる」
 まだインターネットもない時代。シカティックとホーストの登場によってもたらされた驚きはそのままK-1の魅力につながった。この決勝戦、シカティックがストレート一発で失神KO勝利という、これまた歴史に残る結末を迎えた。

 ただ敗れたホーストは、本来でいえば階級が下。純粋なヘビー級ではなかった。そこでその年の12月、K-2グランプリが開催。ここでオランダの偉才は本来の実力を見せて優勝を果たす。準決勝と決勝はいずれもハイキックによるKO勝ちだった。

 それでも、ホーストは満足しなかった。彼は肉体改造に取り組んでヘビー級に増量すると、再びK-1のリングに立つ。そしてアンディ・フグ、アーツらとともに黄金時代を築き上げたのである。

 この時から「ミスター・パーフェクト」の異名を名付けられるようになったホーストは、97年、99年、2000年、02年と、史上最多タイである計4度のグランプリ制覇を記録。“フォータイムス・チャンピオン”として歴史に名を残した。 ド迫力の打ち合いがクローズアップされる場面が多いK-1ヘビー級だが、ホーストはテクニックで魅せるタイプだった。

 ローキックやボディブローを巧みに使いこなして試合を組み立てる。そのうえでKOできるからこそ、まさにキャッチフレーズ通りの“ミスター・パーフェクト”だった。その実力は、中量級の“顔”となった魔裟斗も目指すところで、「闘い方が地味だ」と揶揄されもしたが、倒す時は倒すというイメージだった。

 02年にはボブ・サップとの大激闘が話題になった。圧倒的なサイズとパワーで敵を蹂躙するサップは、いわば正反対に位置するファイター。だからこそなのか、ホーストも意地になったように立ち向かっていった。
 サップには連敗を喫したが、同年のK-1GPではサップが負傷棄権したためにホーストが繰り上がりで準決勝へ。そしてそのまま優勝するというドラマチックな幕切れを迎える。実力派でありドラマ性もあるのがホーストだった。

 リング外での印象は「大人」だ。インタビューでも記者会見でも常に落ち着いて話し、時にユーモアも交えてくれた。来日した際には1人で地下鉄に乗り、いろいろな場所に出かけた。だが、その暮らしぶりは派手ではなかった。「成功の証明として」高級車を買ったこともあるが、のちに自分には必要ないと思ったそうだ。

 さまざまな面で、ホーストはK-1ファイターのお手本になる存在だったと言えるだろう。ヘビー級の“怪物”たちの倒し合いが最大の魅力だったなかで、彼のようなアスリートタイプが初期からいてくれたからこそ、K-1の“格”が上がったということも間違いない。

文●橋本宗洋

【関連記事】酒好きで体調管理には無頓着。でも勝てた――。“20世紀最大の暴君”ピーター・アーツがK1の象徴と言われた所以とは【K-1名戦士列伝】

【関連記事】ただ強いだけではない、何から何まで劇的だった格闘家アンディ・フグ。今も受け継がれる魅せる魂【K-1名戦士列伝】

【関連記事】驚愕させた凄まじい伝説の数々。なぜ“神の子”山本“KID”徳郁は人に愛されたのか?【K-1名戦士列伝】
 

関連記事(外部サイト)