NBA元得点王がネッツのデュラント&アービングを“史上最強デュオ”に推挙「ジョーダンとピッペン以上」<DUNKSHOOT>

NBA元得点王がネッツのデュラント&アービングを“史上最強デュオ”に推挙「ジョーダンとピッペン以上」<DUNKSHOOT>

それぞれ別のチームで優勝経験のあるデュラント(右)とアービング(左)だが、2人の力でネッツを頂点に導けるか。(C)Getty Images

ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントとカイリー・アービングは今季、2人で平均57.3点を叩き出し、その破壊力は歴代トップクラスとも言われる。自身も得点王2回を誇る殿堂入り選手のトレイシー・マッグレディは、彼らをマイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンの黄金コンビを超えるポテンシャルだと太鼓判を押している。

 現在のNBAには、ジョエル・エンビード&ジェームズ・ハーデン(フィラデルフィア・76ers)、ザック・ラビーン&デマー・デローザン(シカゴ・ブルズ)、ジェイソン・テイタム&ジェイレン・ブラウン(ボストン・セルティックス)、クリス・ポール&デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)、ステフィン・カリー&クレイ・トンプソン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、レブロン・ジェームズ&アンソニー・デイビス(ロサンゼルス・レイカーズ)ら、様々なデュオが存在する。そのなかでも、デュラント&アービングはことオフェンスに関しては群を抜く存在だと言えるかもしれない。

 過去4度の得点王に輝き、歴代21位の通算2万5526得点を記録するデュラントは、センター級のサイズを誇りながら広大なシュートレンジを誇り、得点バリエーションも実に多彩だ。今季もレギュラーシーズンでリーグ2位相当の平均29.9点をあげている。
  一方のアービングも、変幻自在なボールハンドリングを武器に得点を量産。今季は新型コロナウイルスのワクチン未接種による影響で欠場、アウェーゲームのみの起用が続いていたが、ニューヨーク市の制限緩和に伴い、最終的にリーグ6位相当の平均27.4点、3ポイント成功率41.8%を記録。この強力コンビがチームをリーグ優勝に導けるかは、今プレーオフの見どころのひとつだ。

 そのなかで、元NFL選手で現在はスポーツアナリストとして活躍するシャノン・シャープの番組『Club Shay Shay』に出演したマッグレディは、「KD(デュラント)とカイリー(アービング)がNBA史上最強のデュオか?」と問われ、「疑いの余地はないね」と断言している。

「マイク(ジョーダン)とピップ(ピッペン)以上だ。ピップは(ディフェンスのほかに)オフェンスのスキルも持っていたし、実際に平均20得点をあげたシーズンだってある。マイクはもちろん偉大だった。

 ただ、カイリーはリム付近での決定力、ボールハンドリングではあのサイズで歴代ベストの1人だ。KDは7フッター(公称は208cm)で、効率的にゴールを射抜ける。ほとんどがジャンパーで成功率が約50%。正直考えられない。ユニークかつダイナミックなKDを強く推すのは必然だ」
  またマッグレディは、「KD&カイリーに匹敵するダイナミックなデュオはほかにいない。レブロンとD-Wade(ドゥエイン・ウェイド)がスキル的に素晴らしかったがそれでも及ばない」と、マイアミ・ヒートで一時代を築いた名コンビを引き合いに出し、そのスケールの大きさを表現。これには、ウェイド本人が「彼ら2人は熟練している」、レブロンも「歴代で最もスキルのある選手2人なのは本当だ」とツイートで反応を見せた。

 大胆な主張をしたマッグレディは、デュラント&アービングのコンビに匹敵する可能性があった候補として、自身とグラント・ヒルの名前を挙げている。
 「俺とGヒルだったら、(史上最強デュオに)チャレンジできていたかもね。2人とも身長203cmでボールが持てる。俺はどこからでもシュートが打てて、Gヒルはミドルレンジとポストプレーが得意でフロアを見てパスもできた。それだけ才能と知性に恵まれた選手だった。不運にも、ケガの影響でシーズンを通して共闘することは叶わなかったけどね。ただ、彼が健康体だったら、オーランド(マジック)でチャンピオンシップを争えていただろう」

 今プレーオフではセルティックスを相手に苦戦が続くデュラント&アービングだが、ここから逆転してチャンピオンシップを手にすれば、マッグレディの意見も正当に評価されるかもしれない。

構成●ダンクシュート編集部

関連記事(外部サイト)