「もっと恐ろしいことが起こる」ロシア先輩レジェンドがリロフの“9か月出場停止”にモノ申す!「ワリエワほど酷くはない」

「もっと恐ろしいことが起こる」ロシア先輩レジェンドがリロフの“9か月出場停止”にモノ申す!「ワリエワほど酷くはない」

FINAの決定に対して声明を発していないリロフ。当面は国際大会から除外されることとなった。(C)Getty Images

現地時間4月22日、FINA(国際水泳連盟)は東京五輪・背泳ぎで3つのメダルに輝いたロシア人スイマー、エフゲニー・リロフへのペナルティーを公表した。
【PHOTO】シュミット、ビロディド、劉霊玲、リパコワに大和なでしこたちも厳選! 東京五輪を彩った美女アスリートを一挙紹介!

 リロフは3月24日、モスクワで盛大に行なわれた「クリミア併合8周年イベント」に出席。他のロシア出身オリンピアンたちと共にZマークを胸に付けて壇上に上がり、10万大観衆の声援に応えた。同イベントにも参加したウラジーミル・プーチン大統領とロシア軍のウクライナ侵攻に対しても、リロフはSNSなどを通して支持する立場を明かしており、言動を重く見たFINAが「9か月の出場停止」を言い渡したのである。

 6〜7月にブダペストで開催される世界選手権への出場はすでに禁じられていたが、これでリロフは2023年1月19日までFINAが管轄する公式大会のすべてにエントリーできなくなった。FINAは国内のロシア選手権も制裁対象だとしているが、これにはロシア水泳連盟が異議を申し立てており、返答待ちだという。

 厳罰を下されたリロフに対して、ロシア競泳界の大先輩であるエフゲニー・サドウィ氏が口を開いた。1992年のバルセロナ五輪・自由形で3冠を達成した49歳は『RBC Sport』の取材に応え、「全力でエフゲニーをサポートするよ。CAS(スポーツ仲裁裁判所)への訴えなんて壁に豆を投げつけるようなものだろうけど、どれだけ可能性が乏しくても声を上げるべきなんだ」と力説。そして、次のように警鐘を鳴らした。
 
「北京五輪でのカミラ・ワリエワの一件は最悪だったが、今回のリロフの制裁はあれほど酷くないと思う。まあいずれにせよ、異常な決定ではあるがね。リロフは始まりでもなければ、終わりでもない。これから競泳界だけじゃなく、もっと恐ろしいことがロシア・スポーツ界を襲うだろう。もはや境界はなく、個人レベルの制裁がエスカレートしていきそうな気配だ」

 現地時間4月26日には、プーチン大統領が北京五輪のメダリストたちと対面する記念式典が予定されている。またそこでのアスリートたちの振る舞いが、各競技連盟を刺激する可能性は低くないだろう。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】北京五輪で輝け!冬のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを一挙紹介!

【関連記事】「ロシア人よ、頭を上げろ!」怒れるプルシェンコが強烈な愛国心を吐露!「人種差別をやめるんだ」

【関連記事】正直、モスクワの想定外だった」露ラブロフ外相はスポーツ界の“ロシア追放”に驚きを隠せず

関連記事(外部サイト)