「謎に包まれている」五輪金シェルバコワがプーチン大統領との“対面式典”不参加へ!「連盟は理由説明を拒否した」

「謎に包まれている」五輪金シェルバコワがプーチン大統領との“対面式典”不参加へ!「連盟は理由説明を拒否した」

北京五輪後もアイスショーなどで華麗な演技を披露しているシェルバコワ。(C)Getty Images

謎めいた行動に、ちょっとした波紋が広がっている。

 現地時間4月26日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は北京五輪で金メダルに輝いたアスリートたちをクレムリンに招待し、偉業を称える記念式典を開催する。3月中に行なわれるはずだったがウクライナ侵攻作戦によって順延が続いていた。式典には出場を果たせなかった北京パラリンピックの代表団も出席する予定だという。
【画像】ロシア・フィギュア界が誇る絶世の美女、アリーナ・ザギトワの厳選フォトをお届け!

 容易に想像できるのは、国威高揚を意図したプロパガンダ戦略だ。3月18日にモスクワのルズニキ・スタジアムで開催された「クリミア併合8周年コンサート」では、実に会場の内外で10万の大観衆を集め、東京五輪と北京五輪のメダリストたちも大勢参加した。胸に大きな“Zマーク”を着けて登場すると、プーチン大統領や政府高官たちと同じステージに上がり、拍手喝さいを浴びたのは記憶に新しい。Zの文字はいまや、ロシア軍のウクライナ侵攻を象徴するシンボルだ。

 しかしながら、代償も大きかった。政治色の強いイベントに参加した選手たちは世界中からバッシングの対象となり、東京五輪の競泳・自由形で2つの金メダルを獲得したエフゲニー・リロフは大型スポンサーに契約を解除されただけでなく、国際水泳連盟から「9か月の資格停止」という厳罰を受けたのである。

 今回の対面式典でも、望む望まないに関わらず、Zマーク着用などの演出を打診されるだろうか。アスリートたちにとっては今後のキャリアを考えても、かなりのリスクを伴うだろう。

 そんななか、ロシア・メディア『RIA Novosti』はふたりの大物のイベント欠席を伝えた。北京五輪・男子クロスカントリーで3冠に輝いたアレクサンドル・ボリシュノフと、フィギュアスケート・女子シングルで優勝を飾ったアンナ・シェルバコワである。

 ボリシュノフに関しては、彼のコーチが健康面の不調を辞退の理由に挙げており、その期間は「もともと予定されていた手術を受ける」と説明している。一方でボリシュノフは件の「クリミア式典」で、登壇した選手たちの中で唯一Zマークを着けておらず、さまざまな憶測を呼んだ。侵攻作戦が始まった直後はSNSで愛国心を前面に押し出す投稿を繰り返し、彼もまた大口スポンサーを失うなど猛批判を食らったが、以降は静観のスタンスを貫いている。
 
 謎に包まれているのが、18歳のシェルバコワだ。『RIA Novosti』は「師匠のエテリ・トゥトベリーゼが手掛けるアイスショーには出場しているが、今回は出席しない」と記し、「フィギュアスケート連盟のアレクサンデル・ゴルシュコフ会長はその理由を問われたが、説明を拒否している」と内情を明かした。なにか公にできない事実でもあるのだろうか。気になるところだ。

 イベントに参加するアスリートたちは、プーチン大統領の謁見に備えて隔離期間に入った。そのリストには女子フィギュアスケートのカミラ・ワリエワ、男子フィギュアスケートのマルク・コンドラチュク、女子クロスカントリーのナタリア・ネプリャエワ、男子クロスカントリーのデニス・スピツォフらが名を連ねている。式典での彼らの振る舞いに、ふたたび注目が集まりそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連映像】シェルバコワが土曜日に最新投稿! 華麗なる“高速スピン”を披露 

【関連記事】「めっちゃ色っぽい!」ロシアのカーリング美女が露天風呂で披露した“ギリギリ赤ビキニ”姿に反響続々!「贅沢ボディだ」

【関連記事】「えげつない美人!」ザギトワがベッド上で披露した“寝起きすっぴん”にファン衝撃!「永久保存版だ」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?