スタークス、ビッグベン、ヴァンブリート…苦境から這い上がった“ドラフト外最強チーム”!<DUNKSHOOT>

スタークス、ビッグベン、ヴァンブリート…苦境から這い上がった“ドラフト外最強チーム”!<DUNKSHOOT>

スタークス(左上)やベン(右上)、ヴァンブリート(左下)、ボウエン(右下)など、“オールドラフト外チーム”は守備に優れた選手が揃ういぶし銀軍団となった。(C)Getty Images

1946年に創設されたNBAは、翌1947年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。

 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。過去のこのシリーズでは「ドラフト●位指名チーム」や「ワーストドラ1チーム」をお送りしてきたが、今回は「ドラフト外最強チーム」を選定する。

 NBAには様々な事情からドラフトで指名漏れしてしまったものの、たゆまぬ努力で這い上がり、リーグ有数の実力者へと上り詰めた選手も多く存在する。そんな“苦労人”たちのベストチームを、アメリカンスポーツに精通する識者に選んでもらった。
 【ポイントガード】
エイブリー・ジョンソン
1965年3月25日生。180cm・84kg
キャリアスタッツ:1054試合、平均8.4点、1.7リバウンド、5.5アシスト

 サザン大A&Mカレッジから、1988年にシアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)にドラフト外で入団。最初の数年間は典型的なジャーニーマンで、6シーズンでのべ6球団に在籍した。

 だが1994−95シーズン、サンアントニオ・スパーズに3度目の加入を果たすと、82試合すべてに先発PG(ポイントガード)として出場し、平均13.4点、8.2アシストをマーク。翌年は自己ベスト&リーグ3位の平均9.6アシストを記録した。

 身長180cmと相当小柄であったが、甲高い声でチームメイトに的確な指示を飛ばし、当時の主力デイビッド・ロビンソンがアドミラル(提督)と呼ばれていたのにひっかけ、ついた愛称は“リトル・ジェネラル(司令官)”。2000年まで強豪スパーズの正PGを務め、1999年に優勝を経験したほか、引退後の2005−06シーズンにはダラス・マーベリックスを率いて最優秀ヘッドコーチ賞に選ばれている。

 そのほかのドラフト外PGでは、1973年にドラフト外でソニックスに入団したスリック・ワッツも、1976年にアシストとスティールの両方で1位になるなど活躍した。
 【シューティングガード】
ジョン・スタークス
1965年8月10日生。196cm・86kg
キャリアスタッツ:866試合、平均12.5点、2.5リバウンド、3.6アシスト

 4つの大学を転々とした末、オクラホマ州大から1988年にゴールデンステイト・ウォリアーズへドラフト外で入団。1年で解雇された後、マイナーリーグを経てニューヨーク・ニックスで再浮上すると、闘志あふれるプレーと激しいディフェンス、思い切りの良いロングシュートでチームきっての人気者となる。1993年にオールディフェンシブ2ndチーム入り、翌1994年は自己ベストの平均19.0点をあげ、ABAと合併後のドラフト外選手で初めてオールスターに出場した。

 勢いそのまま、同年のファイナルでは3試合で20得点以上を稼ぐ大奮闘を見せる。だが第6戦、入れば優勝が決まったシュートをブロックされヒーローになり損ねると、続く第7戦は11本放った3ポイントをすべて外す大失態。優勝は逃したものの、控えに回った1996−97シーズンにはシックスマン賞を受賞した。

 2009年にドラフト外でユタ・ジャズに入団したウェズリー・マシューズ(現ミルウォーキー・バックス)も、タイトルなどとは無縁ながら、いぶし銀のような存在になっている。
 【スモールフォワード】
ブルース・ボウエン
1971年6月14日生。201cm・91kg
キャリアスタッツ:873試合、平均6.1点、2.8リバウンド、1.2アシスト

 カリフォルニア大フラートン校を1993年に卒業したがドラフトにかからず、2年間フランスでプレー。1997年にマイアミ・ヒートと契約した際も1試合で見限られた。

 その後守備力を磨いて次第に頭角を現わすと、ヒートに再加入した2000−01シーズンには先発SF(スモールフォワード)の座を射止め、オールディフェンシブ2ndチームに選出。翌年からはスパーズへ移り、2004年以降5シーズン連続で同1stチームに選ばれた。

 時にダーティーとも評されたしぶといディフェンスについて、ニックスなどの元HC(ヘッドコーチ)ジェフ・ヴァン・ガンディは「汚い選手だとは思わない。とてもハードなディフェンスをしていただけだ」と擁護している。オフェンス面では2002−03シーズンにリーグ1位の3ポイント成功率44.1%を記録した一方、なぜかフリースローは下手で、通算成功率57.5%にとどまった。

 現役では、ボウエン同様守備力を評価されているジョー・イングルズ(ポートランド・トレイルブレイザーズ)、ロバート・コビントン(ロサンゼルス・クリッパーズ)らの名が挙がる。
 【パワーフォワード】
ユドニス・ハズレム
1980年6月9日生。203cm・107kg
キャリアスタッツ:872試合、平均7.5点、6.6リバウンド、0.8アシスト

 41歳でいまだ現役、史上5人目となる1球団のみで19年プレーした大ベテランも、ドラフト外でNBA入りしている。マイアミで生まれ、フロリダ大で4年を過ごしたものの、2002年のドラフト当時は体重が135kgまで増えていて指名洩れ。ボウエンと同じく、1年間フランスで過ごす間に30kg以上の減量に成功して、地元のヒートに加わった。

 同期入団のドゥエイン・ウェイドは「最初のワークアウトでリバウンドを取りまくっている男がいて、そいつがユドニスだった。彼こそこのチームに必要な選手だとすぐにわかったよ」と語ったように、1年目からローテーション入りし、決して目立ちはしないものの献身的なプレースタイルで球団首脳から好評価を獲得。翌2004−05シーズンには先発PF(パワーフォワード)に定着、平均10.9点、9.1リバウンドをマークした。

 2006、12、13年と、ヒートの3度の優勝にも縁の下の力持ちとして貢献。30代半ばを迎えた頃からめっきり出場機会が減り、ここ6シーズンの出場数は合計58試合と、実質的には選手兼コーチになっている。
 【センター】
ベン・ウォーレス
1974年9月10日生。206cm・109kg
キャリアスタッツ:1088試合、平均5.7点、9.6リバウンド、1.3アシスト

 1950年代に3年連続で得点王に輝いたニール・ジョンストン(元ウォリアーズ)もドラフト外だが、さすがに古すぎる。時代の違い、リーグ自体のプレーが進化していることも考慮すると、史上有数の守備の名手ウォーレスを選ぶのが妥当だ。

 1996年のドラフトはコビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)やスティーブ・ナッシュ(元フェニックス・サンズほか)が指名された大豊作年だが、バージニアユニオン大のウォーレスには声がかからず、イタリア行きも考えた末にドラフト外でワシントン・ブレッツ(現ウィザーズ)に入団。オフェンス力の低さをリバウンドとブロックでカバーし、デトロイト・ピストンズへ移籍した2000−01シーズンから7年連続で平均2桁リバウンド。2002年は平均13.0本、翌2003年は15.4本の荒稼ぎで2年連続のスタッツリーダーとなったほか、2002年には平均スティール(3.5)でもトップに立った。

 さらに同年からの5シーズンで4度の最優秀守備選手賞獲得、オールスター出場4回はドラフト外では最多。2004年のリーグ制覇にも大きく貢献した。

 その他のセンターでは、ブラッド・ミラーも1998年のドラフト外でシャーロット・ホーネッツに入団し、2回オールスターに選ばれている。
 【シックスマン】
フレッド・ヴァンブリート
1994年2月25日生。185cm・89kg
キャリアスタッツ:348試合、平均13.7点、3.2リバウンド、4.9アシスト

 ウィチタ州大では2年連続でカンファレンス最優秀選手に輝くも、2016年のドラフトでは指名なし。実際には複数のチームから2巡目での指名を打診されていたのだが、Dリーグ(現Gリーグ)でプレーしたくなかったため、あえてドラフト外を選択したという事情があった。

 サマーリーグで結果を出し、トロント・ラプターズに入団。1年目こそほとんど出場機会がなかったが、徐々に実力を蓄え、2019年のファイナルでは第6戦で22得点をあげるなどの活躍で優勝に貢献した。
  翌2019−20シーズン以降はスターターに定着、2021年2月2日のオーランド・マジック戦では11本の長距離砲を決め、ドラフト外選手史上最高となる54得点を奪取。今季はリーグ3位となる242本も3ポイントを命中させて平均20.3点、オールスターにも初選出された。

 その他のドラフト外では、身長165cmの超ミニサイズながら得点力が高かったアール・ボイキンス(元デンバー・ナゲッツほか)、2008−09シーズンにフリースローを154本投じて3本しか外さなかったホセ・カルデロン(元ラプターズほか)らも印象に残る。

文●出野哲也

【PHOTO】オラジュワン、ジョーダン、バークレー、ペニー……NBAの歴史を彩った偉大なレジェンド特集!

関連記事(外部サイト)