「みんなマイケルを見るのに忙しすぎた」再びジョーダンに牙を剥くピッペン「我々はただの同僚」<DUNKSHOOT>

「みんなマイケルを見るのに忙しすぎた」再びジョーダンに牙を剥くピッペン「我々はただの同僚」<DUNKSHOOT>

ブルズ最強デュオは『ザ・ラストダンス』公開後に関係が悪化。今回ピッペン(左)が再びジョーダン(右)に噛みついた。(C)Getty Images

元シカゴ・ブルズのレジェンドであるスコッティ・ピッペンは、昨年11月に発売した初の自伝『Unguarded』の告知で、複数のフランスメディアに登場。かつての盟友であるマイケル・ジョーダンに再び辛辣な言葉を浴びせ、波紋を呼んだ。

 ブルズと言えば、1991〜93年、96〜98年に2度の3連覇を達成してリーグを席捲。その中心を担ったのが、“バスケットボール界の神様”ことジョーダンと、史上屈指のオールラウンダーと呼ばれたピッペンの黄金デュオだった。

 しかし、ブルズの1997−98シーズンの優勝を追ったドキュメンタリー『ザ・ラストダンス』が2020年に公開されたのをきっかけに両者の関係は急激に悪化。チームリーダーだったジョーダンは仲間を叱咤激励して奮起を促し、栄光へと導いたように描かれ、逆にピッペンは足首の手術を受けるのを開幕まで待ったことに対して、ジョーダンから「セルフィッシュ」な判断だったと非難された。

 その後、ピッペンは自伝内でジョーダンの個の能力で支配するスタイルがリーグのバスケットボールそのものを変えてしまったと矛先を向け、現役選手やOBに限らず、世界中のバスケットボール界が注目する事態となった。
  ピッペンの“口撃”もひと段落したかに思われたが、フランスのバスケットボール専門メディア『TrashTalkProduction』のインタビューで「君はキャリアで最優秀守備選手賞を獲得していないけど、いったい何が起こったの?」と尋ねられたピッペンは、「みんなマイケル(ジョーダン)を見るのに忙しすぎたと思う」と、自身の低評価の理由にジョーダンの名前を挙げた。

 自伝のタイトル『Unguarded(無防備)』は、ポイントフォワードとしてコート上で感じた自身の評価にちなんでいることも明かしたピッペン。フランス紙『フィガロ』でも、「我々はただの同僚だった」と冷めたコメントを残している。

 なお、“バッドボーイズ”の異名を取ったデトロイト・ピストンズのメンバーで、1995−96シーズン途中にブルズへ移籍したジョン・サリーは『VLAD TV』で、ピッペンはもっと称賛に値する選手だと見解を述べている。

「スコッティは歴代トップ50の選手だ。多くの選手がそこにいるべきではないと思っているし、ジョーダンがいなければ今の位置にいないという形で知られている。しかし、バットマンはロビンが必要で、デュオであることが重要なんだ。スコッティは素晴らしい選手だし、チャンピオンシップ11回を誇る名将フィル・ジャクソンの好むプレーができた」

 ピッペンが再び口を開いたことで、ジョーダンとの関係はどちらに転ぶのか。バスケットボールファンは固唾をのんで見守っている。

構成●ダンクシュート編集部
 

関連記事(外部サイト)