「プロパガンダに成り下がった」北京五輪金メダリストの“ロシア礼讃”をライバルが辛辣批評!「理解不能な価値観」

「プロパガンダに成り下がった」北京五輪金メダリストの“ロシア礼讃”をライバルが辛辣批評!「理解不能な価値観」

北京五輪で金メダルに輝いたステパノワ。クレムリンでの愛国発言が波紋を広げている。(C)Getty Images

現地4月26日にモスクワのクレムリンで開催されたイベントで、その発言が大きな反響を呼んだアスリートがいる。北京五輪・クロスカントリー女子団体で金メダルに輝いた、ヴェロニカ・ステパノワだ。
【関連動画】豪奢なクレムリンの応接間で、ワリエワとダンスに興じるステパノワ

 ウラジーミル・プーチン大統領がホストを務め、北京五輪のメダリストたちを表彰して称えるとともに、北京パラリンピック選手団を激励した一日。さまざまなアスリートが壇上に上がってスピーチをするなか、もっとも熱いメッセージを発したのがステパノワだった。

 21歳のオリンピアンは「ロシアは強く、誇り高く、ふたたび成功する姿が私には見えます。世界中の人びとに愛されているわけではないけれども、正しい道を歩んでいるのは間違いなく、ロシアがきっと勝利を掴みます!」と力を込める。そしてプーチン大統領に対しては「我が国の大統領が直に誉れ高き勲章を与えてくださり、心から感謝に堪えません」と語り、「高く掲げていただいた国旗を、私たちはこれからも下げることはありません!」と興奮気味に語った。

 セレモニー終了後にはプーチン大統領の元に歩み寄り、他のアスリートと同様に金メダルの裏側にサインをもらって大喜びしたステパノワ。歯に衣着せぬ言葉と天真爛漫な振る舞いで有名なスキーヤーだが、ウクライナ侵攻作戦についてはコメントを控えてきた。それが突然、刺激的な内容でプーチン礼讃を唱えたのだから驚きだ。

 ジュニア時代からステパノワと覇を争ってきたノルウェー女子クロスカントリー代表のヘレン・フォッセショルムもショックを隠せない。地元メディア『NRK』の取材に応え、「ロシアではもはやスポーツと政治は分離できなくなっていて、スポーツはプロパガンダの一部に成り下がっている」と断じ、次のようにライバルのコメントを評している。

「プーチンに対する価値観が恐ろしいほど、私たちのそれと乖離しています。今回の彼女の言葉を私はずっと忘れることはないでしょう。あれだけスタンスを明確にしてしまったのですから。ただ、SNSではすべてを語っていないと思うし、頑なに何かを守っているようにも見えないのですが……。いずれにせよ、私にとっては完全に理解不能な価値観です。まったく想像できないし、奇怪にすら感じています」
 
 そして記者に「ステパノワとコンタクトを取るか?」と問われると、「今は答えられないし、答えたくないです」と返答した。

 同じくノルウェーの女子クロスカントリー選手で、ステパノワと懇意だったロッタ・ウェンも「彼女の本心だとはとうてい信じられませんし、きっと彼女は、私たちが見ているのとはまるで違う絵を見ているのだと思う」と、語っていた。北京五輪やワールドカップで鎬を削った友人の信じられない言動に、戸惑っている様子を窺わせる。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】北京五輪で輝け!冬のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを一挙紹介!

【関連記事】「ロシア人よ、頭を上げろ!」怒れるプルシェンコが強烈な愛国心を吐露!「人種差別をやめるんだ」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?