WBO、問題児カシメロから王座ベルトを全会一致で正式はく奪! 2度の“ドタキャン”を食らったバトラーが正規王者に

WBO、問題児カシメロから王座ベルトを全会一致で正式はく奪! 2度の“ドタキャン”を食らったバトラーが正規王者に

WBOがカシメロの王座を剥奪

WBO、問題児カシメロから王座ベルトを全会一致で正式はく奪! 2度の“ドタキャン”を食らったバトラーが正規王者に

ボクシング界きっての“問題児”カシメロ。度重なる失態でついに王座はく奪へ追いやられた。(C)Getty Images

失態続きのフィリピン戦士へ厳重な処分が下された。

【動画】リゴンドーに苦戦! カシメロの“最新試合ハイライト“をチェック

 現地時間5月3日、WBO(世界ボクシング機構)は、世界バンタム級王者のジョン・リエル・カシメロ(フィリピン)から王座をはく奪すると発表。定められた条件を遵守しなかったとして、同処分をWBO執行委員会に全会一致で勧告すると、これを同執行委員会も全会一致で支持したという。

 先月22日、英リバプールでポール・バトラー(英国)との防衛戦に臨む予定だったカシメロだが、英ボクシング管理委員会(BBBoC)が禁じている減量目的でのサウナ使用が発覚して試合中止に。前日計量に現れなかった昨年12月の防衛戦に続いて、それから再設定となっていた今回は同カード2度目の“ドタキャン”だった。
 また、これで代役の同級4位ジョナス・スルタン(フィリピン)に3ー0の判定勝ちを収め、暫定王座を獲得していたバトラーの正規王座昇格も決定。なお、カシメロはWBO同級の世界ランキング1位となるという。

 今回の発表は、バンタム級統一の野望を掲げるWBA・IBF世界王者の井上尚弥にも影響が与及ぼす可能性が高い。すでに6月7日にさいたまスーパーアリーナで、WBC王者ノニト・ドネア(フィリピン)との3団体統一戦が予定されているが、今後の展開からも目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「もう興味はない」井上尚弥が“キャンセル騒動”のカシメロにチクり!「4団体統一にベルトが必要なだけ」 

【関連記事】カシメロの防衛戦中止に母国も「ベルト剥奪のリスクを背負った」と嘆き! 一方で釈明次第では王座戦実施の可能性も

【関連記事】井上尚弥への“疑念”をドネア母国解説者が指摘! 前回対戦後の闘いぶりを「まともな相手はモロニーぐらい」と辛辣意見

関連記事(外部サイト)