“世界最強”カネロがメイウェザー戦以来9年ぶりの敗戦! 2年ぶりのライトヘビー級試合で王者ビボルに判定負け

“世界最強”カネロがメイウェザー戦以来9年ぶりの敗戦! 2年ぶりのライトヘビー級試合で王者ビボルに判定負け

世界最強カネロ 9年ぶり敗戦

“世界最強”カネロがメイウェザー戦以来9年ぶりの敗戦! 2年ぶりのライトヘビー級試合で王者ビボルに判定負け

2年半ぶりのライトヘビー級試合でカネロは王者に手こずった。(C)Getty Images

世界最強の男が、久々の敗北を喫した。

 現地時間5月7日、アメリカ・ラスベガスのT-モバイル・アリーナで行なわれた世界スーパーミドル級4団体王座統一戦12回戦で、4団体統一王者で、挑戦者のカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)が、同級の現王者であるドミトリー・ビボル(ロシア)に判定負けを喫した。

 われんばかりの「メヒコ」コールが会場で湧き上がるなかで始まった試合で、カネロはビボルの巧妙なパンチにやや苦戦を強いられる。決定的な一打こそ打たせなかったものの、ジャブとボディーのコンビネーションに手こずった。

 だが、メキシコの英雄は動揺はしていなかった。中盤に入ってからスウェーで相手のパンチをかわすシーンを増やすと、ギアを上げた終盤の2回に手数を増やし、ビボルにパンチを打ち込んでいって応戦した。

 しかし、両雄ともに決定打を欠いた試合は、判定の末に3-0(いずれも115-113)でビボルが勝利。カネロにとっては、2013年9月のフロイド・メイウェザーJr.戦以来となる敗戦となった。
  2年6か月ぶりとなるライトヘビー級の一戦でブランクこそ感じさせなかったものの、決め手を欠いた。戦前に「歴史を作りたい。ボクシング史に僕の名を残すことになるからね。こういう挑戦こそ生きていると実感する」と語っていたカネロだが、6つ目のベルトは手にできなかった。一方、世界屈指の猛者と堂々と打ち合って防衛に成功したビボルは見事。必ず訪れるであろうリマッチでも期待したくなるパフォーマンスだった。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】“新”WBO王者バトラー、カシメロ陣営を「ルールを知らないは通じない」と辛辣非難! 井上尚弥戦には「名誉」と闘志

【関連記事】「イノウエたちはより完成されている」メキシコ人記者がカネロの“世界最強説”に異論! 「もっと考慮されるべき」と物申す

【関連記事】王座剥奪に「不公平だ」と主張! カシメロと陣営がWBOの“全会一致決定”に異議「狂気の沙汰で、でたらめ」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?