カネロの衝撃敗北でマッチメイクが混乱!? ビボルに屈した直後の“雪辱戦希望”でゴロフキンとの3度目の大一番は再考か

カネロの衝撃敗北でマッチメイクが混乱!? ビボルに屈した直後の“雪辱戦希望”でゴロフキンとの3度目の大一番は再考か

村田を破り、大きな話題を集めたゴロフキン(右)。そんな男の野望はカネロ(左)との再戦だったが、その雲行きが怪しくなってきている。(C)Getty Images

ボクシング界屈指の猛者は、およそ2年6か月ぶりのタイトル奪還に失敗した。

 現地時間5月7日にアメリカ・ラスベガスでWBA世界ライトヘビー級タイトルマッチが行なわれ、挑戦者である4団体統一世界スーパーミドル級王者のサウル・アルバレス(メキシコ)が、ドミトリー・ビボル(ロシア)に判定負けを喫した。
【動画】カネロを攻め抜き、苦しめた! 王者ビボルのラッシュシーン!

 序盤に握られたペースを最後まで覆せなかった。開始直後から距離を縮めようとしたカネロに対し、身長で10センチも上回るビボルはリーチを活かした攻撃で応戦。互いに決定的な一打こそなかったが、終始主導権を渡さなかった王者が防衛を成功させた。

 カネロにとっては2013年9月のフロイド・メイウェザーJr.(アメリカ)戦以来の敗北だ。ゆえに試合後のフラッシュインタビューで「言い訳はできない。俺は十分にやったが、今日は相手の勝利だ」と漏らしたメキシコの英雄は、「これがボクシングなんだ」と悔しさを滲ませた。

「勝つ時もあれば、負ける時もある。彼は間違いなく素晴らしいファイターだ。絶妙な距離感を保たれ、それを巧みに使われてしまった。悔しいが、敗北を受け入れるしかない」
  番狂わせと言える黒星。それによって気になるのはカネロの今後だ。

 試合開始前には、アメリカの複数メディアで、今年9月17日にWBAスーパー&IBF世界ミドル級統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との3度目の対戦が報じられていたが、今回の敗北でプラン変更を余儀なくされる可能性が出てきている。事実、カネロは、ビボル戦直後に「(ビボルとの)リマッチを望むよ。このままいることはできない」とライトヘビー級での再戦をほのめかした。

 もっとも、より強く“再戦”を望むのはゴロフキンかもしれない。先月9日にさいたまスーパーアリーナで村田諒太との激闘を制していた40歳のレジェンドにとって、通算1分け1敗のカネロは倒さなくてはならない相手であり、本人が「長くはない」と語るキャリアを締めくくる意味でも重要なカードとなる。

 カネロとゴロフキンのビッグマッチは、かねてからファンやメディアで期待されていた一戦だ。それだけにメキシコの英雄が喫した敗北によって、予定されているプランが本当に変更されるかは大きな注目を集めそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】“世界最強”カネロの9年ぶりの敗北に世界も驚愕! 母国紙は「ビボルが並外れた試合を見せつけた」と王者を絶賛

【関連記事】“新”WBO王者バトラー、カシメロ陣営を「ルールを知らないは通じない」と辛辣非難! 井上尚弥戦には「名誉」と闘志

【関連記事】「イノウエたちはより完成されている」メキシコ人記者がカネロの“世界最強説”に異論! 「もっと考慮されるべき」と物申す

関連記事(外部サイト)