ウエスト決勝はウォリアーズが先勝!カーHC「(マブズは)ハーデンがいた時のヒューストンを思い出させる」<DUNKSHOOT>

ウエスト決勝はウォリアーズが先勝!カーHC「(マブズは)ハーデンがいた時のヒューストンを思い出させる」<DUNKSHOOT>

ドンチッチを中心にアウトサイド重視で攻めるマブズを、ウォリアーズの指揮官はかつてのライバルに重ねた。(C)Getty Images

現地時間5月18日に幕を開けたウエスタン・カンファレンス・ファイナルは、ゴールデンステイト・ウォリアーズがダラス・マーベリックスを112−87で下して幸先良いスタートを切った。

 ウォリアーズはステフィン・カリーがゲームハイの21得点、12リバウンドに4アシストを記録。そのほかアンドリュー・ウィギンズとジョーダン・プールがそれぞれ19得点、クレイ・トンプソンが15得点、5リバウンド、4アシスト、2ブロック、ドレイモンド・グリーンが10得点、9リバウンド、3アシスト、ケボン・ルーニーが10得点、5リバウンド、4アシスト、2ブロック、オットー・ポーターJr.が10得点、6リバウンドと、計7選手が2桁得点を奪取した。

 一方のマブズはルカ・ドンチッチが20得点、7リバウンド、4アシスト、スペンサー・ディンウィディーが17得点、ジェイレン・ブランソンが14得点、4アシスト、レジー・ブロックが12得点を残すも、チーム全体でフィールドゴール31/86の成功率36.0%に終わった。

 特にドンチッチはフィールドゴール6/18で成功率33.3%と、得点ともども今プレーオフでワースト。7本のターンオーバーを記録するなど精彩を欠いた。
  マブズのジェイソン・キッドHC(ヘッドコーチ)は「相手は本当にいい仕事をしていた。ウィギンズがフルコートで彼(ドンチッチ)を捕まえていた。それに彼らはボックス&ワンやゾーンも使ってきた。このシリーズを迎えるにあたって、我々は相手がそうしてくることは分かっていた。これからビデオを観て自分たちが改善できることを探っていく」と、20日の第2戦に向けて切り替えていた。

 一方、ウォリアーズのスティーブ・カーHCは17日に『KNBR 680』のポッドキャスト番組「Tolbert & Copes」へ出演した際、今季のマブズをかつてプレーオフで激闘を演じたライバル、ヒューストン・ロケッツとなぞらえていた。

「あのチームは数年前、(ジェームズ)ハーデンがいた時に毎年対戦していたヒューストンを思い出させるんだ。突き詰めていくと、彼らはハーデンのために3ポイントラインの周囲にシューターを配置し、5アウトでスペースを作り出す。それが(マブズとの)共通点だね」
  ウォリアーズとロケッツは2018、19年と2年連続プレーオフで対戦。ロケッツはハーデン(現フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)の周囲にクリス・ポール(現フェニックス・サンズ)、エリック・ゴードン、PJ・タッカー(現マイアミ・ヒート)、クリント・カペラ(現アトランタ・ホークス)、トレバー・アリーザらを揃え、18年のウエスト決勝では3勝2敗と先に王手をかけるなど苦しめた。

 この時のロケッツはウォリアーズに対抗すべく、ハーデン、ポール、ゴードン、タッカー、アリーザというスモールラインナップを要所で送り込み、5アウトからハーデンを中心に攻め立てた。

 今季のマブズはドンチッチ、ブランソンに加えて2月のトレード・デッドラインにクリスタプス・ポルジンギスを放出して、ワシントン・ウィザーズからディンウィディーとダービス・ベルターンスを獲得。この補強が功を奏している。
 「ダラスにも(ドンチッチのほかに)ブランソンとディンウィディーというプレーメーカーたちがいる。シーズン途中にポルジンギスをトレードしてディンウィディーを加えたことが、今あのチームがこの場に立てている要因のひとつだと思う。新たなアタッカー(ディンウィディー)とシューター(ベルターンス)を獲得したことがあのチームを変えたんだ。それによってガードするのが非常に難しくなったのだから、見事な動きを見せたということだ」とカーHC。

 もちろん、当時のロケッツと今のマブズは全く異なる陣容のため、単純比較はできない。それでも、ウォリアーズはシリーズ初戦で早速マブズの最重要人物を徹底ガードして、ホームで勝利を収めた。

 対するマブズも、今年のプレーオフでは1回戦(対ユタ・ジャズ)、ウエスト準決勝(対サンズ)といずれも初戦を落としながら制してきただけに、キッドHCをはじめとするコーチ陣が打倒ウォリアーズの策を練ってくることだろう。

 はたして2日後の次戦はどんな展開を迎えるのか。このままドンチッチが黙っているとも思えないだけに、注目していきたい。

文●秋山裕之(フリーライター)

関連記事(外部サイト)