「もっと得点に絡んでほしい」との要望に“一発回答”したアデバヨをヒート指揮官が絶賛「彼は勝利に必要なことを何でもやる」<DUNKSHOOT>

「もっと得点に絡んでほしい」との要望に“一発回答”したアデバヨをヒート指揮官が絶賛「彼は勝利に必要なことを何でもやる」<DUNKSHOOT>

セルティックスとの第3戦、アデバヨは得点からアシスト、さらにはディフェンスまで、「必要なことは何でもやる」とスポールストラHCが語った通りの活躍でチームを勝利に導いた。(C)Getty Images

現地時間5月21日(日本時間22日、日付は以下同)に行なわれた、マイアミ・ヒートとボストン・セルティックスのイースタン・カンファレンス決勝第3戦。試合は敵地TDガーデンへ乗り込んだヒートが、中盤に最大26点もの大量リードを手にする展開となっていた。

 ところが、セルティックスは徐々に点差を縮めていき、ジェイレン・ブラウンが第4クォーター中盤から10連続得点の爆発を見せて残り2分40秒に1点差(92−93)まで詰め寄る。それでも、ヒートはそこからマックス・ストゥルースの3ポイント、バム・アデバヨのジャンパー、PJ・タッカーのフリースロー2本で突き放し、一度も逆転されることなく最終スコア109−103でシリーズ2勝目(1敗)を手にした。

「前の試合、皆が見ていたなかで、相手は俺たちを打ちのめした。まるで俺たちが何かを盗んだかのようだった。あれがこのチームの皆を目覚めさせたんだ。相手のホームで倒してやろうってね」

 この試合でチームトップの31得点、10リバウンドに6アシスト、4スティールをマークしたアデバヨは、ホームで行なわれた第2戦で102−127の大敗を喫したことが、この試合への引き金になったと明かした。
  ヒートではアデバヨのほか、タッカーが17得点、7リバウンド、3スティール、ストゥルースが16得点、5試合ぶりの出場となったカイル・ラウリーが11得点、6アシスト、4スティールをマーク。右ハムストリングの張りによって欠場が続いていたラウリーは、7点リードで迎えた残り42.0秒にインバウンズパスを執念のスティールで奪い、9点差へと広げる好プレーを見せた。

 また、ヒートはヴィクター・オラディポも4スティールを記録し、プレーオフにおける球団史上最多となる19スティールを奪取、そして23本ものターンオーバーを誘発。エースのジミー・バトラーが右ヒザの炎症により後半を欠場していたなか、敵地で大きな勝利をモノにしたと言っていい。

「彼は“試合で必要なことは何でもやる”という、ジミーがこなしていることを彼なりにやってくれた。今夜は序盤からスコアリングとオフェンス面の先制パンチを必要としていたんだ。

 そしてジミーが後半を欠場するとなった時、彼がこのチームを安定させてくれた。バムへボールを集めることができたから、一貫したものになったんだ」
  エリック・スポールストラHC(ヘッドコーチ)はそう語り、攻守に大暴れを見せたアデバヨの活躍を称えた。24歳のビッグマンがプレーオフで30得点以上をマークしたのは、2年前のイースト決勝、相手は同じくセルティックス。4勝2敗でNBAファイナル進出を決めた第6戦の32得点以来だった。

 指揮官は21日のシュートアラウンドでも「我々は彼にもっと(得点に)絡んでほしい。私はそうするべく、もっと上手くやっていかなければいけない。彼はオフェンスで非常に重要な部分を占めているからね」とコメント。そしてこうも絶賛していた。

「プレーオフに入って、私は彼が最高のバスケットボールをしているのを見てきた。彼は勝利をもたらす選手であり、このグループにおけるハート&ソウルを務めている。コートへ出て競い合い、勝利をもたらすバスケットボールをプレーしてくれる。コートの両エンドで、しかも必要なことは何でもやっているんだ」
  ヒートはこの第3戦、バトラーが途中退場というアクシデントに見舞われるも、このアデバヨを中心に戦い抜き、リードを死守して勝利を収めた。これはチームとしての底力を見せつける結果だったと言えるだろう。

 2年ぶりのNBAファイナル進出、そして球団史上4度目のチャンピオンシップ獲得へ向けて、ヒートはこれからも勝利のために貪欲な姿勢を崩さずに戦い続けていくに違いない。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)