ドネアとの再戦は“ドラマ”になるのか? 予想される試合展開、そして井上尚弥の勝利へのポイントを徹底分析!

ドネアとの再戦は“ドラマ”になるのか? 予想される試合展開、そして井上尚弥の勝利へのポイントを徹底分析!

第1戦でも激しく打ち合ったドネア(左)、井上(右)。はたして今回はどのようなファイトとなるだろうか。(C)Getty Images

まず最初に述べておきたいのは、ノニト・ドネア(フィリピン)はアメリカの業界内でも最高級にリスペクトされている現役ボクサーだということだ。

【動画】井上尚弥が前戦でドネアに放った強烈なボディーショットをチェック!

 単に4階級制覇(暫定王座も合わせれば5階級制覇)、アジア人初の主要4団体王者といった勲章が飛び抜けているからというだけではない。キャリア初期からドネアは常に強敵との対戦を決して恐れなかったからだ。

 フライ級時代の2007年に当時無敗で評価も高かったビック・ダルチニアン(アルメニア)を完全KOして初の王座奪取。スーパーバンタム級王者時代の2013年には誰も戦いたがらなかったギジェルモ・リゴンドー(キューバ)の挑戦を受け、14年にフェザー級に上げた際にはライト級なみの体格だったニコラス・ウォータース(ジャマイカ)に果敢に挑んだ。

 そして過去数年、ふたたびバンタム級に下げたあと、“モンスター”と称された井上尚弥(大橋)との対戦を望み続けたのはご存知の通りである。
 スランプと感じられる時期もあったし、上記したリゴンドー、ウォータース、井上にはすべて敗れている。それでも“将来の殿堂入り確実”といった評価の高さは変わらない。そんなドネアの軌跡は、異様なまでに無敗であることにこだわる現代の一部のトップボクサーへのアンチテーゼだと言えよう。

 ただ――――。そういったドネアの素晴らしさを十分に理解したうえで、6月7日、さいたまスーパーアリーナで行なわれるリマッチはやはり井上が断然の主役だと考える。バンタム級史上稀に見る激闘となった19年の第1戦同様、序盤はスリリングになるのかもしれない。それでも前回からより上手に適応するのは、10歳以上も若く、ドネアと同等以上の才能を持つ井上の方だろう。

 舞台の大きさからかやや“入れ込みすぎ”に見えた2年半前の反省を胸に、今回の井上はより慎重に、それでいて的確に、隙のない攻防でドネアを追い詰めていくのではないか。ナチュラルな勘を持ったドネアのタイミングのいいパンチはやはり怖く、特に左フックは最後まで警戒が必要ではあるが、前戦で貴重な経験を味わった井上は同じミスは犯すまい。 第1戦の2回、その左フックで目を骨折し、相手が何重にも見えるという不利に見舞われながら、以降の井上は同じパンチはもらわなかった。プロ入り後では初めてと呼べる修羅場でも、試合中にそれだけの適応をやり遂げて見せた。だとすれば、2年半の時を経て迎える今戦ではより綿密に準備し、最高の対策を練ってくるのは容易に想像できる。

 初対決の11ラウンドに決定的なダウンシーンを生み出した井上のボディブローは、より早い段階から重要な武器となっていくだろう。元来打たれ強く、上の階級でも豊富な実績を誇るドネアはキャンバスにひれ伏してのKO負けは拒否し、プライドは守り続ける。それでも最後は11月についに40歳になるドネアの健康を憂慮したコーナーがストップ。そんな流れ、展開を辿り、井上が終盤TKOで宿敵への返り討ちを果たすと予想している。
  キャリア晩年とはいえ、アメリカでも最大級のネームバリューを誇る軽量級選手を明白に下すことは、井上の今後のキャリアに大きな恩恵をもたらすことだろう。同時にここで再び井上の前に屈したとしても、ドネアの歴史的評価に影響はあるまい。試合後、敗れても常に男前のドネアはいつも通りに素直に井上を称え、周囲を感動させるに違いない。

 “ドラマ・イン・サイタマ2”は、前回ほどの“ドラマ”にはならないかもしれない。それでも最終的には、誰にとっても後味のいい結末になることは約束されているように思えてくるのである。

文●杉浦大介

【著者プロフィール】
すぎうら・だいすけ/ニューヨーク在住のスポーツライター。MLB、NBA、ボクシングを中心に取材・執筆活動を行う。著書に『イチローがいた幸せ』(悟空出版 )など。ツイッターIDは@daisukesugiura。

【井上尚弥PHOTO】22勝19KO無敗の最強王者!世界が恐れる"モンスター"の厳選ギャラリー

【関連記事】「ドネアは自信を持って臨む」フィリピン解説者が井上尚弥とのリマッチに見解! 3年前の対戦は「少し低迷していた」

【関連記事】井上尚弥も「簡単じゃない」と認める階級上げに苦戦!? それでもカネロの闘志は消えない「他人が恐れる挑戦がしたい」

関連記事(外部サイト)