ドネアは井上尚弥に負けても「評判は落ちない」!? 米専門サイトは“番狂わせ”の可能性も示唆「生ける伝説に格が上がる」

ドネアは井上尚弥に負けても「評判は落ちない」!? 米専門サイトは“番狂わせ”の可能性も示唆「生ける伝説に格が上がる」

ついに対戦の時を迎えたドネアと井上。そのビッグマッチの行方には世界が注目している。(C)Getty Images

バンタム級の今後を占う大一番の開戦が刻一刻と近づいている。6月7日にさいたまスーパーアリーナで開催されるボクシングWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)と、WBC同級王者のノニト・ドネア(フィリピン)による3団体統一戦だ。
【動画】井上尚弥が前回対戦でドネアに放った強烈なボディーショットをチェック!

 当時の“年間最高試合”と評された2019年11月のワールドボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝以来、約2年7か月ぶりの再戦を迎える両雄。前日計量を終えた後の記者会見で、井上が「こんなにワクワクするのは久しぶり」と意気込めば、ドネアも「超燃えている。最高の自分を見せるよ」と強調。互いに状態は盤石と言った様子だけにふたたび熱戦が期待される。

 無論、文字通りのビッグマッチ前には、各国メディアではさまざまな予想が展開されたが、大半が39歳ドネアの敗北を考察するものばかりだった。そのなかで米ボクシング専門サイト『Boxing Insider』は「正直に言ってこの試合はイノウエが有利である」と断言したうえで、次のように推察している。

「しかし、いまの状況はドネアにとっても良いと言える。2019年にイノウエに敗れた後に復活を遂げた彼のキャリアは素晴らしい。それだけで殿堂入りに値する。ゆえに彼がイノウエに負けたとしても、これまでの評判が落ちることはないだろう」
  たとえ井上に2度目の敗北を喫しようとも、それは恥ずべきものではないと主張した同サイトは、こうも続けている。

「もしも、ドネアが大きな成長を遂げたモンスターを相手に番狂わせを起こせば、彼は“偉大なファイター”から“生ける伝説”に格が上がる。それは彼にとって小さくないモチベーションになるはずだ」

 このリマッチについては「間違いなく将来に殿堂入りを果たす二人の再戦は名勝負になる」と期待を込めた同メディア。はたして、アジアを代表するスターは期待に違わぬ熱戦を見せられるのか。運命の対戦は21時にゴングの時を迎える予定だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】英メディアが井上尚弥の仰天エピソードを回想! 父の“仇”を討った圧勝劇を再評価「彼の家族に手を出すと痛い目に遭う」

【関連記事】“過去最強”ドネアが「本当に、本当に勝てる」と自信満々! 井上尚弥に改めて宣戦布告「彼のパンチより私の気持ちの方が大きい」

【関連記事】「イノウエはネリと同じ道を辿る」スーパーバンタム級王者が井上尚弥に大胆発言!「俺が圧勝する」と言い放つ根拠は?

関連記事(外部サイト)