井上尚弥、”衝撃の2回TKO”で完全決着! 宿敵ドネアを下して日本人初の世界3団体統一王者に輝く

井上尚弥、”衝撃の2回TKO”で完全決着! 宿敵ドネアを下して日本人初の世界3団体統一王者に輝く

冷静な試合運びでドネアを圧倒した井上。これでプロ戦績は23戦無敗(20KO)だ。(C)AFP/AFLO

世界待望のビッグマッチで“モンスター”が宣言通りに宿敵を圧倒してみせた。

【動画】井上尚弥がドネアを圧倒! 猛ラッシュをかけたKOシーンをチェック

 6月7日、ボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)は、さいたまスーパーアリーナにて、WBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と対戦。3ー0の判定勝ちを収めた2019年11月以来となる顔合わせだったが、今回は2回途中TKOで完全決着をつけ、日本人初の世界3団体統一王者に輝いた。

 前日インタビューで「こんなにワクワクするのは久しぶりなので、明日は思う存分暴れたい」と意気込んでいた井上は、試合序盤から積極的にプレスをかけ、激しい攻防を繰り広げる。第1ラウンド終盤には、右のクロスカウンターが炸裂。早速これで初のダウンを奪った。
 第2ラウンドも開始早々から井上が仕掛けていき、攻撃の手が緩まない。強烈な左フックをクリーンヒットさせると、最後は果敢なラッシュで押し切り、「今回はドラマにするつもりはない」と話していた宣言通りのパフォーマンスで宿敵ドネアを返り討ちにして見せた。

 またしても大舞台で王者の矜持を見せつけた井上。次に見据えるのは、WBO同級王者ポール・バトラー(英国)との4団体統一戦だ。かねてより掲げていた目標達成に向け、今回の一戦は声価を間違いなく高めるものとなったと言えるだろう。

構成●THE DIGEST編集部

【井上尚弥PHOTO】23勝20KO無敗の最強王者!世界が恐れる"モンスター"の厳選ギャラリー

【関連記事】「イノウエはネリと同じ道を辿る」スーパーバンタム級王者が井上尚弥に大胆発言!「俺が圧勝する」と言い放つ根拠は?

【関連記事】「俺を過小評価していた」WBO王者となったバトラー、“失墜”のカシメロ、そして井上尚弥戦に持論!「興味深い」

関連記事(外部サイト)