PFPでカネロを越える!? “圧勝”の井上尚弥に海外メディアは1位の可能性を指摘「イノウエは最高の位置にふさわしい」

PFPでカネロを越える!? “圧勝”の井上尚弥に海外メディアは1位の可能性を指摘「イノウエは最高の位置にふさわしい」

ドネアを渾身のパンチで打ち砕いた井上(左)。そんな日本の偉才は、カネロ(右)らの領域へと近づいた。(C)AFP/AFLO、(C)Getty Images

「自分はやる前から、必ず言葉にしていたのは『ドラマにするつもりはない』と。この試合は圧倒的、一方的に勝つんだと思いで、自分はこの試合に挑みました」

 6月7日に行なわれたボクシング世界バンタム級3団体統一戦で、WBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に衝撃の264秒TKO勝ちを収めたWBAスーパー&IBF世界同級王者の井上尚弥(大橋)は、試合後のリング上でそう語った。まさに有言実行の勝利だった。
【井上尚弥PHOTO】23勝20KO無敗の最強王者!世界が恐れる"モンスター"の厳選ギャラリー

 2019年11月に同じくさいたまスーパーアリーナで行なわれた2019年11月のワールドボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝での初対戦は最終12回までもつれ込む熱戦だった。結果的にフルマーク(3-0)の判定勝ちを収めた井上だが、納得がいかずに再戦を望んだ。

 そして約2年7か月ぶりに迎えた一戦。「僕には通過点にすぎない」と断言していた井上は宣言通りに39歳のベテラン戦士を圧倒。完全に主導権を握った2回にラッシュを仕掛け、最後は渾身の左フックで仕留めたのである。

 試合後、井上が「ドネアだからこそここまでできた」と語ったように39歳のレジェンドも決して弱かったわけではない。しかし、そんな伝説戦士を一方的に打ちのめしたこの日の“モンスター”は、ずば抜けていた。

 まさに規格外の強さを見せつけての勝利。その反響は凄まじい。日本はもちろんのこと、ボクシングの本場アメリカやイギリスのツイッターでも「INOUE」のワードがトレンド入り。瞬く間に世界規模でその名は轟いた。
  ここまで注目度が上がれば、俄然気になってくるのは、パウンド・フォー・パウンド(PFP)の行方だ。

 体重差などあらゆる条件を均等にして戦った場合に、いったい誰が最強なのか――。それを格付けするPFPは、各国のあらゆる専門メディアが独自に作成をしており、何かと話題となる。これまでも井上は上位に食い込んでいだが、世界4階級制覇王者のカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)やWBAスーパー・IBF・WBO世界ヘビー級統一王者のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)といった猛者の牙城を崩せずに、1位にはなれていなかった。

 だが、レジェンドに圧勝した影響は早くも表れている。スペイン紙『AS』は、先月7日にカネロがドミトリー・ビボル(ロシア)に敗戦した結果に触れたうえで、「この火曜日に最強の座にのし上がろうと、あらゆる疑念を吹き飛ばした男が登場した」と井上をクローズアップ。そして、「イノウエはPFPで最高の位置にふさわしい」とした。

 また、「世界で最も権威がある」とされる米老舗ボクシング誌『The Ring』のドウグラス・フィッシャー編集長も、井上のドネア撃破に反応。自身のツイッターで「イノウエは本当に怪物だ。彼のパンチの威力は凄まじい」と興奮気味にツイートし、こう記している。

「教えてくれ! イノウエはリングマガジンのPFPで上にいくべきか? このままでもいいが、彼のランキングが上がることに文句がある人はいるのか」

 自身の戦績を23戦無敗20KOとした井上。はたして、29歳となってますます意気軒高取った様子のチャンプにいかなる評価が下されるのか。各国のPFPを興味深く待ちたい。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「イノウエは本当に凄かった」完敗のドネア、KO勝利の井上尚弥を大絶賛!「彼はやっぱり最高だ」

【関連記事】「イノウエはネリと同じ道を辿る」スーパーバンタム級王者が井上尚弥に大胆発言!「俺が圧勝する」と言い放つ根拠は?

【関連記事】「ドネアは“慰め”を得る」井上尚弥の圧巻KOに世界も熱狂! 米メディアは「イノウエは容赦のないダメージを与えた」と絶賛

関連記事(外部サイト)