「え、俺はやられたのか?」ドネアが明かした井上尚弥戦の舞台裏! 1Rのダウンは失神していた「瞬間的に真っ白になった」

「え、俺はやられたのか?」ドネアが明かした井上尚弥戦の舞台裏! 1Rのダウンは失神していた「瞬間的に真っ白になった」

守勢に回るドネア(右)を攻め抜いた井上(左)。その猛攻の勢いは凄まじかった。(C)AP/AFLO

眼前に飛んできた“モンスター”の拳は、とてつもない破壊力を持っていた。

「パンチを受けたとき、自分がキャンバスに倒れ込んだことさえ気づかなかった」

 目の当たりにした威力をそう振り返ったのは、ノニト・ドネア(フィリピン)である。6月7日に「キャリア最大の一戦」と意気込んだボクシング世界バンタム級3団体統一戦に臨んだ39歳は、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)に、2回1分24秒でTKO負けを喫した。

 勝利後に「ドネアだからここまでできた」と語った井上の猛ラッシュを前に力なく沈んだ。最終的に勝負を決めたのは、こめかみ付近に受けた左フックだったが、それ以前にドネアの意識は飛んでいたという。実は初回に右ストレートでダウンを取られていた際に、瞬間的に失神していたのだ。

 会見を設けなかったドネアは、自身のツイッター上でファンの質問に答える形で、朦朧としながらも何とか回復した初回のダウンシーンの舞台裏を告白した。

「あのとき、私はカウンターを決めようとしていたから、彼のパンチが来るのが見えなかったんだ。あれは、間違いなく今まで食らったパンチの中で最も強烈だった。瞬間的に真っ白になったというべきかな」
  さらに「あんなパンチが来るとは思わなかった」と井上のハードパンチの破壊力を力説したレジェンドは、「本当に何が起きたのか分からなかった」と赤裸々に続けた。

「私はカウンターを狙っていたのに、ふと気づいたときにはキャンバスに倒れていたんだ。そして審判がこっちに向かってカウントをしている。『待ってくれ! 何!? どういうことだよ』ってなったよ。それでコーナーを見たら妻が『早くファイティングポーズをとって!』と声を上げていたんだ。それを耳にした瞬間に『マジかよ! え、俺はやられたのか』と困惑したね。私はそこから立ち上がったけど、本当に強いパンチだった」

 頭部へのダメージはほとんどなく、「ありがたいことに健康だよ」と語ったドネア。2年7か月ぶりに対峙した井上の成長を、文字通り体感した彼は、「今日のイノウエは本当に凄かったし、彼はやっぱり最高だ」と脱帽した。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「イノウエは本当に凄かった」完敗のドネア、KO勝利の井上尚弥を大絶賛!「彼はやっぱり最高だ」

【関連記事】「イノウエはネリと同じ道を辿る」スーパーバンタム級王者が井上尚弥に大胆発言!「俺が圧勝する」と言い放つ根拠は?

【関連記事】「ドネアは“慰め”を得る」井上尚弥の圧巻KOに世界も熱狂! 米メディアは「イノウエは容赦のないダメージを与えた」と絶賛

関連記事(外部サイト)