カーメロ、オルドリッジ、ジョージ――NBAファイナル未経験のプレーオフ最多出場者を発表!【現役編】<DUNKSHOOT>

カーメロ、オルドリッジ、ジョージ――NBAファイナル未経験のプレーオフ最多出場者を発表!【現役編】<DUNKSHOOT>

10年以上のプロキャリアを誇るジョージ(右)、カーメロ(左上)、オルドリッジ(右下)だが、ファイナル出場は果たせていない。(C)Getty Images

今年のNBAはゴールデンステイト・ウォリアーズが2019年以来3年ぶり、ボストン・セルティックスが2010年以来12年ぶりのファイナルに駒を進めた。

 シリーズ前のトピックスとして、セルティックスのアル・ホーフォードがNBA最長の141試合のプレーオフ出場を経て、ファイナルデビューを果たしたことが話題を呼んだ。

 ただNBAの歴史を振り返ると、プレーオフに出場経験はあるものの、ファイナルに辿り着けずにキャリアを終えた選手も少なくない。ここでは米メディア『Hoopshype』が取り上げたファイナル未出場選手の試合数ランキングを紹介。今回は現役選手編をお届けする。(※チーム名は略号)

■ファイナル出場経験のない選手
10位:レジー・ジャクソン(クリッパーズほか/69試合)
9位:タージ・ギブソン(ブルズほか/71試合)
8位:ラマーカス・オルドリッジ(ブレイザーズほか/72試合)
7位:マイク・コンリー(グリズリーズほか/73試合)
6位:クリント・カペラ(ロケッツほか/81試合)
5位:カーメロ・アンソニー(ナゲッツほか/83試合)
4位:ルー・ウィリアムズ(クリッパーズほか/89試合)
3位:ポール・ジョージ(クリッパーズほか/108試合)
2位:ジョー・ジョンソン(ホークスほか/120試合)
1位:ポール・ミルサップ(ホークスほか/130試合)
  ジャクソンはプレーオフに6回出場し、サンダー時代の2013年と現所属のクリッパーズでカンファレンス決勝に進出。昨季サンズとのシリーズでは平均20.3点と奮闘したが2勝4敗で敗れた。

 同い年(36歳)のギブソンとオルドリッジはともに10年以上のプロキャリアを誇るが、カンファレンス決勝を経験したのは両者とも1回のみ。オルドリッジは今季、スター軍団のネッツでプレーしたものの、1回戦でセルティックスにスウィープ負け。自身は出番がなかった。

 34歳のコンリーもカンファレンス決勝はグリズリーズ時代の1回(13年)で、この時はスパーズに4連敗。ジャズ移籍後は1回戦負けが2回、カンファレンス準決勝負けが1回とファイナルから遠ざかっている。

 トップ10で唯一の20代(28歳)のカペラは、7回のプレーオフでカンファレンス決勝に3回出場。現在所属するホークスは若手が多いチームだけに、今後ランキングから“卒業”するチャンスはありそうだ。
  得点王、オールNBAチーム、75周年チーム選出など輝かしい実績を持つカーメロだが、いまだにファイナル出場はゼロ。03年のプロ入りから5年連続で1回戦敗退、初戦突破は2回しかなく、通算では2勝11敗と大きく負け越している。今季は優勝のために盟友レブロン・ジェームズのいるレイカーズへ移籍も、プレーオフにも進めずシーズンを終えた。

 高卒選手として05年にデビューしたウィリアムズは、これまでロケッツやクリッパーズら強豪に所属。しかしカンファレンス決勝の舞台を経験したのは、ホークスに所属した昨季が初めてだった。

 3位のジョージはペイサーズで2度(13、14年)、クリッパーズで1度(21年)ファイナルまで一歩のところまで迫った。リーグ屈指の2ウェイプレーヤーに足りないものは優勝のみ。相棒のカワイ・レナードが復帰する来季は勝負の年になるだろう。
  元オールスターのジョンソンはサンズ時代の03年とロケッツ時代の18年にカンファレンス決勝に駒を進めたが、前者はスパーズ、後者はウォリアーズに行く手を阻まれた。昨年12月に古巣セルティックスと10日間契約を結んだものの、コートに立ったのはわずか1試合。40歳という年齢を考えると、このまま引退する可能性が高そうだ。

 オルドリッジと同じ06年にデビューしたミルサップは、ドラフト2巡目指名からオールスター選手に成長。大舞台での経験も豊富で、ホークス(15年)とナゲッツ(20年)でカンファレンス決勝に進出した。今季はシーズン途中にネッツからシクサーズへ移籍も、今回も頂点には届かず。今夏にFA(フリーエージェント)になる37歳の大ベテランの去就は不透明となっている。

構成●ダンクシュート編集部
 

関連記事(外部サイト)