カシメロは「魅力がない」と糾弾! 英誌が井上尚弥を“倒す可能性がある5人”を分析。「リスクを冒す価値がある」相手とは?

カシメロは「魅力がない」と糾弾! 英誌が井上尚弥を“倒す可能性がある5人”を分析。「リスクを冒す価値がある」相手とは?

いまや世界ナンバーワンと言っても過言ではない実力と実績を誇る井上(左)。彼に並々ならぬ闘志を燃やすカシメロ(右)だが、識者の評価は……。(C)AFP/AFLO、(C)Getty Images

日本人史上初となる世界3団体統一王者となった井上尚弥(大橋)。29歳で最盛期を迎える彼のプロキャリア戦績は23戦無敗(20KO)と、文字通り敵なしの強さを誇っている。

 去る6月7日に行なわれたWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王座統一戦でも、“フィリピンの閃光”ノニト・ドネア(フィリピン)を2回1分24秒TKO勝ちで退けた井上。現地時間6月10日には、米老舗ボクシング誌『The Ring』のパウンド・フォー・パウンドランキングでも初の1位に選ばれるなど、その評価は天井知らずで上がり続けている。

 もはや世界の頂点に立った“モンスター”を食い止めるのはいったい誰なのか――。そんな興味深いテーマに切り込んだのが、英誌『Boxing News Magazine』のエリオット・ウォーセル記者だ。

 現地時間6月9日に掲載した特集記事において、ウォーセル記者は「日本のチャンプは3年前とも明らかに違う。何よりも恐ろしいのはすでに強く、速いにもかかわらず、イノウエは改善して、成熟し続けているところだ」とドネア戦を回想。そのうえで、スーパーフライ級、バンタム級、スーパーバンタム級の中から「数少ないが、イノウエ選手を倒せる可能性がある」以下の5選手をピックアップした。

ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ/WBA世界スーパーフライ級王者)
ステファン・フルトン(米国/WBC、WBO世界スーパーバンタム級王者)
ポール・バトラー(英国/WBOバンタム級王者)
ローマン・ゴンサレス(ニカラグア/元世界4階級制覇王者)
ジョンリエル・カシメロ(フィリピン/元WBOバンタム級王者)
  いずれも世界でも図抜けた名手たちばかりだが、このなかで最も辛辣な意見が記されたのが、カシメロに対するものだった。

 現在32歳のフィリピン人戦士は、今年4月にバトラーとのタイトルマッチを英国内における規約違反(サウナを使用しての減量)によってふいに……。度重なる問題行動を重く見たWBOから王座資格を剥奪され、王座戦線からは後退している。

 もっとも、カシメロは今月7日のドネア戦後に「お前はモンスターではなく亀だ!」と井上を挑発。王座戦へのアピールを続けているが、ウォーセル記者は「彼がベルトを保持していた時には、イノウエとの対戦は魅力的で、モンスターを破る可能性もあった。だが、いまやカードとして魅力はない。彼はイノウエ戦へのチケットを自らの過失で失った」と糾弾した。

 また、5人の中で「最も興味深い」とされたのがフルトンだ。

 27歳の米国人戦士との対戦には、井上が1階級上げる必要性がある。だが、同記者は「それだけのリスクを冒す価値がある」と指摘。そのうえで「イノウエにとってもフルトンを倒すことは、自身のレガシーを高める素晴らしい目標になる」と記した。

 すでにバトラーとの4団体統一戦の実現に向けた動きを明言している井上。それだけにフルトンやカシメロといったライバルとのマッチアップはしばらくお預けとなりそうだが、仮に日の目を見るのなら、世界がいままで以上に熱視線を送るビッグマッチとなりそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】PFPで“世界1位”となった井上尚弥に賛辞は止まず! 南米記者は「イノウエは地球上で最高だ」と階級上げに太鼓判

【関連記事】「会長、俺にチャンスをください」カシメロ、懲りずに遠吠え。井上尚弥戦の実現へWBOにバトラー撃破を誓う

【関連記事】「え、俺はやられたのか?」ドネアが明かした井上尚弥戦の舞台裏! 1Rのダウンは失神していた「瞬間的に真っ白になった」

関連記事(外部サイト)