「めっちゃ楽しかった」体操・杉原愛子が床運動2位で現役生活に“一区切り”。SNSで明かした胸中とは?

「めっちゃ楽しかった」体操・杉原愛子が床運動2位で現役生活に“一区切り”。SNSで明かした胸中とは?

美しい演技で観客を魅了した杉原。最高の笑顔を届けた。(C)Getty Images

6月19日、体操の全日本種目別選手権の男女決勝が東京体育館で行なわれた。今大会限りで第一線を退くと表明している杉原愛子(武庫川女子大)は、女子床運動2位で有終の美を飾った。

【画像】「めっちゃ楽しかった」杉原愛子が実際に投稿した写真をチェック!

 前日の予選では首位で通過した杉原。この日は赤のレオタードに身を包み、現役ラストダンスに挑んだ。終始笑顔で、圧巻のパフォーマンスを披露した22歳は、13.466点をマーク。惜しくも2位になったものの、観客からは盛大な拍手が送られ、演技を終えると感極まって涙を浮かべた。

 杉原は、大会後に自身のインスタグラムで「決勝応援ありがとうございました」とファンや周囲で支えてくれた人たちに謝辞を示し、こう振り返っている。

「今大会で一区切りの演技でしたが、感謝の気持ちを込めて杉原愛子らしい演技で終えることが出来ました。ほんまにめっちゃ楽しかった。観客の皆さんを1番魅了したのは私なのではないかと思います。体操の魅力や楽しさを伝えられる演技、記憶に残るような演技ができてたらいいな」
 「結果としては2位でしたが、私一人じゃ2位にはなれていません。大野先生をはじめ家族や仲間、スポンサーの方、杉原愛子を応援してくださるたくさんファンの皆さん、関係者さんなどのサポートや応援があってこそ銀メダルを獲得出来ました。この銀メダルは金メダル以上に価値があり重みのあるメダルです」

 今後については、エキシビションなどの出演を考えており、競技者としての活動は継続していくと明かしている杉原。コーチングや審判の勉強もしながら、体操の魅力や楽しさを伝えていく。

構成●THE DIGEST編集部

【関連画像】「超柔らかいな~」杉原愛子が公開した“180度大開脚”ショットをチェック

【関連画像】「綺麗な脚」杉原愛子が公開した引き締まった“健康美”をチェック

【関連画像】「めちゃ可愛い!」杉原愛子が公開した警察官の制服姿をチェック

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?