「やっぱ悔しい。プロレスの力を見せたい!」新日本のオカダ・カズチカ、『THE MATCH』に刺激「俺らも来年の東京ドームは超満員」

「やっぱ悔しい。プロレスの力を見せたい!」新日本のオカダ・カズチカ、『THE MATCH』に刺激「俺らも来年の東京ドームは超満員」

オカダはプロレスラーとして、格闘技界を盛り上げた『THE MATCH』に大きな刺激を受けたようだ。(C)新日本プロレス

新日本プロレスのオカダ・カズチカが、6月19日に東京・東京ドームで開催された格闘技イベント『THE MATCH 2022』について言及した。

 同イベントでは、那須川天心のキックボクシング引退試合として、K-1ファイターである武尊とのドリームマッチが実現。その他の試合も普段では見られないRISEとK-1の対抗戦が組まれ、チケット料金が300万円から1万5千円と、高値だったにもかかわらず、チケットは発売当日に即完。会場には5万6399人もの観客が集まった。

 そんな格闘技界を大いに盛り上げたイベントについてオカダは、19日に行なわれた『NEW JAPAN ROAD』静岡・キラメッセぬまづ大会後に、「メチャメチャ盛り上がってる『THE MATCH 2022』ってあるじゃない? 東京ドームも満員みたいで、先越されちゃったなぁ。悔しいなぁ。でも、こういう悔しさというのが、パワーになると思うし、僕たちが忘れさせてしまってるハングリーさをここでしっかり持って、また僕たちも東京ドーム、超満員の中でやっていきたい」とコメントした。

 一夜が明けた20日に新日本の後楽園ホール大会で、中島佑斗&大岩陵平のヤングライオンとトリオを結成するも、鷹木信悟&内藤哲也&SANADAのロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに敗れたオカダは、「思ったより新日本プロレスのヤングライオンは大したことないね。気合い入れてくれよ。そんなもんでね、ヤングライオンだからって新日本の一員だと思ってもらってちゃ困る」と若手に苦言を呈しつつ、またもや『THE MATCH』の話題に触れた。
  前日に開催された『THE MATCH』について「移動とかでちょっと見てないんです」としながらも、「ただ、その盛り上がりっていうのはどのアプリ、どのサイトを見ても書いてる感じだったんで、本当に格闘技としてあそこまでの所に行ってくれたわけですから。まあ、やっぱり悔しいです」と歯がゆさを滲ませた。

「それは昨日は立ち技だけでしたけど、総合(格闘技)の人たちも同じことを思っていると思います。でも、格闘技の業界として新たな一歩を踏み出してくれたと思いますし、なんて言うか、また昨日のことをきっかけにいろんなことが変わっていくと思いますんで。いろんなこと、新しい部分を出してくれたのが昨日の『THE MATCH』だと思うんで。別に僕たちも負けて悔しいだけじゃなくて、盗めるところは盗んで、新日本プロレスを良くしていきます」

 オカダは天心が憧れる存在でもある。MMAに挑戦した際にはレインメーカーやドロップキックを練習してきた。さらに武尊とも交流があるオカダは、「僕らがああだこうだ言うのも違うかなと思います」と冷静に語る。それでも、この大会から受けた刺激は大きかったようで、「いや、俺らもやりますよ。来年の東京ドームは超満員。別に5万人を入れられないわけじゃないですし、入れてプロレスの力を見せたいなと思ってる」と、かねてから話している外野スタンドまで埋まった東京ドーム大会を新日本でもまた実現させると誓った。

◆新日本プロレス◆
『NEW JAPAN ROAD』
2022年6月20日
東京・後楽園ホール
観衆 542人
▼6人タッグマッチ(30分1本勝負)
オカダ・カズチカ&中島佑斗&●大岩陵平(8分38秒 パンピングボンバー→体固め)鷹木信悟○&内藤哲也&SANADA
※バンピングボンバー

文●どら増田
 

関連記事(外部サイト)