【NBAドラフト】“サプライズ”で全体1位指名を受けた逸材バンケロ「自分の持つすべてをオーランドへ持ち込むつもりだ」<DUNKSHOOT>

【NBAドラフト】“サプライズ”で全体1位指名を受けた逸材バンケロ「自分の持つすべてをオーランドへ持ち込むつもりだ」<DUNKSHOOT>

NBAドラフトでマジックから全体トップ指名を受け、コミッショナーと握手を交わすパオロ・バンケロ。(C)Getty Images

現地時間6月23日、ブルックリンのバークレイズ・センターでNBAドラフト2022が開催され、デューク大学1年のパオロ・バンケロがオーランド・マジックから全体1位で指名された。

 208cm・113kgと立派な体躯を誇るフォワードは、今季デューク大で39試合に出場し平均17.2点、7.8リバウンド、3.2アシスト、1.05スティール、0.92ブロックをマーク。同大の選手としては2019年のザイオン・ウィリアムソンに続く、5人目の1位指名選手となった。

「その情報を知らされはしたけど、はっきりしていなかった。まだオーランドも確実ではないと思って、何が起こってもいいように準備していた」

 本人が指名直後にそう語ったように、ドラフト前の予想ではオーバーン大1年のジャバリ・スミスJr.が全体1位指名の最有力と報じられていた。だが指名権を持っていたマジックはバンケロを選択し、スミスJr.は3位でヒューストン・ロケッツから指名されることとなった。バンケロのトップ指名は今年のサプライズの1つになったと言えるだろう。
 「コミッショナー(アダム・シルバー)がステージに上がる20秒前まで、自分が(マジックから)本当に指名されるのか分からなかったんだ。そのことについて考える時間もなかったしね。だから信じられなかったよ。でも準備はできている」。そう率直な感想を語ったバンケロはパープルのド派手なスーツで壇上に上がり、栄えあるドラ1の称号を手にした。

 ドラフト後の会見では「自分の持つすべてをオーランドへ持ち込むつもりだ。まずは勝利するというマインドセット、仕事第一とする心構え。チームの皆と連絡を取って、練習に取り組む準備はできているよ」と意気込みを表明。さらに全体トップでの指名は「人生の中でベストな瞬間のひとつ。とてもワクワクしているよ。オーランド・マジックの一員になれて、これ以上嬉しいことはないね」と期待に胸を躍らせていた。

 NBAドラフトはバスケットボールプレーヤーたちにとって一生に一度の機会。バンケロも「夢どころじゃない。まるで幻想のような気がしているくらいさ。僕はNBA入りすることを夢見てきたけど、1位指名されるなんて、もうクレイジーだよ」と喜びを爆発させていた。 バンケロが入団するマジックは、2シーズン連続で勝率3割未満に終わっており、今季はイースタン・カンファレンス15位(最下位)の22勝60敗(勝率26.8%)と低迷。

 それでも、チームにはマーケル・フルツやコール・アンソニー、ジェイレン・サッグスといったガード陣、フロントコートにはフランツ・ヴァグナーにウェンデル・カーターJr.、ジョナサン・アイザックといった魅力的な若手が揃っている。

 バンケロは「僕はすごくフィットする気がしている。マジックにはタレントがたくさんいる。選手層はすごく厚い。それにウェンデルやヴァグナーというダイナミックなフォワードたちがいる。僕が入ることで、相手チームを苦しめられるんじゃないかな」と口にし、こう続けていた。
 「6フィート9インチ(206cm)、6フィート10インチ(208cm)、6フィート11インチ(211cm)くらいのサイズでドリブル、パス、シュートができて、高いバスケットボールIQを持つ選手が3人も揃うんだ。これは大きなアドバンテージになるし、相手チームのゲームプランを狂わせるだろうね」

 チームはまだ若く、すぐに上位へ躍進する保証はないものの、来季のマジックは躍動感溢れるプレーでファンを魅了するだろう。まずはサマーリーグでバンケロがどんなパフォーマンスを見せてくれるか、楽しみに待ちたいところだ。

文●秋山裕之(フリーライター)

関連記事(外部サイト)